カテゴリー「ひ ひかる」の記事

2012年8月24日 (金)

第089号 「なぜか涙が止まらない時は…」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru
 
 
こんにちは ひかるです。
 
 
「なぜか涙が止まらない時は…」
 
 
今から8年前の6月24日、某大学病院で腹腔鏡による子宮全摘出の手術を受けました。

当然、全身麻酔下で行われるので、呼吸器にも問題があったため21日(台風が上陸した日だと記憶しています)に入院。
遡ること9年前の1995年3月に、まだ「妊娠の可能性は残したい」と希望して、筋腫だけを取る手術もしています。

とにかく手のひら大の血の塊が、絶え間なく45日続き、普段は決して「全摘」を勧めることなどない医師がMRIを見て「うーん、もう潮時だねぇ」と言われたので覚悟を決めました。
ヘモグロビンの値はギリギリ9あるかどうか。11以上ないと輸血が必要になった時の「自己血」も採れない。
毎日、大学病院に通っていられないので、近くの内科の医師に事情を話し、週3くらいのペースで増血剤を打ってもらって、なんとか400mlを2回採り「とにかく自分がラクになること」を第一に考えていました。
最後の最後まで私がこだわったのは「腹腔鏡」で手術をお願いすること。
医師の説明では「前回1度開腹しているので、多分他の臓器との癒着も多いだろう。一応やってはみるが開腹に移行せざる場合もあることは、理解して欲しい」
「わかりました。ビデオ撮影なさるんですよね?開腹になった場合、どういう状態だったかは知りたいのでこういう理由で開腹になったと説明して下さい。」…やりにくい患者ですよね(笑)

結果、執刀医の医師(婦人科内視鏡学会でも有名な方)のおかげで、4時間半かかって開腹することなく手術は終わりました。(ちなみに開腹だったら2時間で終わっていたそうです)<(_ _)>

翌日のお昼から食事が出たのには驚きましたが、丸2日ほとんど食べていないのでアイスクリームがおいしかったです。
その日から無理のない程度に点滴を引きずってフロアを探検したり、知らせた範囲の友人が遊びに来てくれたり。
術後3日間は部屋まで食事を運んでくれるのですが、4日目からは食べに行かないといけませんでした。
そこの病院は食堂を真ん中に挟むように、産科と婦人科が完璧に分かれているのです。
だから廊下で妊婦さんとすれ違うことはありませんでしたし、赤ちゃんの泣き声もまったく聞こえてきません。
まあ、当時その大学病院の教授は生殖医療の第一人者でしたから、妊婦さんも正常妊娠?の方はおられず、何らかの「治療」をして、妊娠された方が多かったように思います。

手術後、4日目のお昼から食べに行くようにと言われたので術前と変わりなく食堂に行きました。妊婦さんたちは長期入院の方が多いらしく、話題は主に「生まれてくる子供のこと」(←当り前ですね)
術前も彼女たちは同じような会話を同じようなトーンでしていたはずで、私も当然聞いていたはず。…でも、何かが違う。いたたまれない。食事どころではない、不思議な感じが私を覆ってしまったのです。

部屋に入った瞬間、何かわからない「感情」が溢れ出して大人になって初めて大声で泣き出しました。
なぜ自分は泣いているのだろう?
手術だって希望通り開腹しないですんだのだし、妊娠なんて望んでいなかったじゃない!
大声で泣きながら、必死で「理由」を考えたのですが…わからないのです。

30分くらい泣き続け(個室でよかった)少し落ち着こうと思い、持って行っていた「ネロリ」のエッセンシャルオイルをティシュに垂らして香りを嗅いだら、やっと涙は止まってくれました。
大声で泣いている間に、医師やナースが来なくてよかったです。

…でも未だによくわからないんです。一種の安心感と満足感、開放感とかの感情が一度に湧き上がったのでは?とあとで話した医師には言われましたけど。
それからの数日間、食堂から自分の部屋まで自分で食事を運んでゆったりとテレビを見ながら食べることにはしましたけど。
 
 
長くなってごめんなさい。
気持ちを落ち着かせたいときにエッセンシャルオイル、お勧めですよ!
ローズ系のものが鎮静作用に優れているようです。
「ネロリ」もバラの花びらから抽出されたものです。
 

ひとつだけ言いたいのは手術してホントによかったです!!
後悔は一切していませんよ。
 
 

ひかるでした(^_-)-☆
 
 
 
─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html


=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html
 
 
 
 
 
-

2012年8月 3日 (金)

第086号 「子供電話相談室」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru
 
 
こんにちは ひかるです。

昔、夕方にTBSラジオでやっていた「こども電話相談室」ってご存知の方いらっしゃるでしょうか?

理科系・文科系・今で言うカウンセリング系…。
とにかく大学教授や有名な人たちが「こども」の素朴な?疑問に答えてくれたのです。

小学生のころ、父がラジオをよく聞いていたので、自然と私も一緒に聞くようになり、何度か電話したことがあります。

オンエアされなくても放送時間終了後に答えてくれることもありました。
まだ、ラジカセが我が家にはなくて録音できなかったのが今思うと残念ですが(笑)

何度か質問したのですが、今も覚えているのが
1) 太陽の温度は何度ですか?どうやって測るのですか?
2) ピラニアは人食い魚と言われていますがどうやってつかまえるのですか?

答え1) 約6000℃、どうやって測るのかも聞いた記憶はあるのですが、観測をしてそのデータを参考に云々…詳しくは覚えてないです<(_ _)>

2) ピラニアの生息している川に短時間効く睡眠薬を流し、一時的にピラニアを眠らせた状態にして網で捕獲する。


今でも知らないこと、わからないことを聞くのは「恥」だとは思いませんし、全く違う意見も「あーそういう考え方もありだなあ」と思うこともできるようになりました。
(…あたりまえですねww)

今もやってるのかな?
無着先生とお話したこともあります。

今日ツイッターのTLを読んでいたら「こども電話相談室」って言葉が出てたので、思い出しながら書いてみました。


ひかるでした(^_-)-☆
 
 
 
─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html


=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html
 
 
 
 
 
-

2012年6月29日 (金)

第081号 「おひとりさま?おふたりさま??」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru
 
 
こんにちは ひかるです
 
最近、トシのせいか「孤独死」とか「無縁」とかのニュースに反応してしまいます。
国の統計によると男性・女性とも「生涯未婚率」が急上昇しているとのことです。
…つまり50歳過ぎて1度も結婚してないひとが増えているってことです。
 
子供の頃からなぜか「結婚」を現実として考えられなかった私ですが、先日、「ひとりより二人で」と言うセミナーに参加してみました。
 
参加条件:
未婚・死別・離婚・いずれにしても現在「独身」であること。
「結婚」について真剣に考えられている方。
 
 
メルマガを読んでくださってる皆さんは主婦の方が多いのかな?
 
来ていた方は、ほとんど私より年上。
奥様に先立たれた方も多かったようです。
…残念ながら「ビビッと」来る人はいらっしゃらなかったのですが。
 
 
この先「二人でいることのメリット・デメリット」を考えてみました。
 
お相手は×イチでもOK、でも死別された方はどうしても前の奥様のことが忘れられなくてうまく行かないケースが多いと言っていたので止めとこう。
 
一人だったら食事など作らないと思うけど、食べてくれる人がいるのなら頑張ります!
何かあった時に「頼れる存在」であってくれる人希望。
(これは母が緊急入院した時に、強く感じました)
 
少なくとも私よりいろんなことを知っていて教えてくれる人。
包容力がある人…まあ、書きだすときりがないですww
 
友人に同世代で未婚の子が結構多いのも、一人でいた理由かな?
 
 
そんな友人とこの間話していたのですが、友人同士で個室があって、ダイニングは共通でお互いの「無事」を確認できるように。
よく言われるグループホームのような形で住むのもありだよねと。
「老後」が遠くのハナシではなくなって来たから、急に考え始めました。
 
お願い:結婚してよかった!と思われている方、具体例を教えてください!(^^)!
 
 
ひかるでした(^_-)-☆
 
 
 
─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html


=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html
 
 
 
 
 
-

2012年6月 1日 (金)

第077号 「天珠」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru
 
 
こんにちは ひかるです。
 
先日、某天然石ブレスレットショップから届いたパンフレットの中に
一瞬「え?」と思う石が載ってましたのでその話です。

  
「天珠(あまたま)」
こう書くとみなさんは天月珠美さんを思い出すのではと思うのですが
そういう名前のパワーストーンがあるそうです。
身代わり石とも呼ばれ、いろいろな模様があり、その模様にはそれぞれ意義や功徳利益を持つもので持ち主を危険から守ると言われているそうです。
 
所長の名前がどうして天月珠美さんになったのかは知りませんが、この石とは関係ないのかな?と思いました。
伺ってみたところ、「え?そんな石知らない。メルマガ書いて」とのお返事でした。

でも…。
所長の存在って「身代わり」ではないですけど、初対面の時から違和感がなくて、いろいろ教わって行くうちに、
「本当のこと」をわかりやすく話してくれて考え方が少し変わって来ていて、私の場合ですが「生きてていいんだ」と思わせてくれる大事な存在の一人です。
 
皆さんも天珠さんと出会う前と出会ってからいろいろ変わっていませんか?
パワーストーンの名前は偶然だとしても、私は偶然ではないような気がしています。
これからもよろしくお願いします>天珠さん
 
 
ひかるでした(^_-)-☆
 
 
 
─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒101-0013 〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html


=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html
 
 
 
 
 
-

2012年3月 9日 (金)

第065号 「男女の寿命の差」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
    携帯: http://http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru

 

こんにちは ひかるです。

今日は「男女の平均寿命の差・一考察」です。
この間のレッスンの際、所長の「男は長生きしなくてもいいんだよ」発言がありま
した。まあ、おばあちゃんの一人暮らしの方が実際にも多いですし。男性が残され
てもなあ…。などと考えたのですが。

ちょっとデータが古くなりますが、平成21年の日本人の平均寿命は男性・79.59歳
女性・86.44歳だそうです。
つまりざっと計算して6.85年…約7年女性の方が「長生き」しているのですが、こ
の「7年」と言う数字、実は男性と女性の大きな違いに関係していると言う説がある
のです(゜o゜)

私はそれを読んでなるほどーと思ったのですが
読者のみなさんもちょっと考えてみて下さい(?_?)

…わかりましたか??

答えですが
女性の生涯における生理の日数とほぼ一致するんですよ。
例えば初潮が11歳で50歳に閉経したとすると40年間ですね。
40×5(大体の1度の日数)×12(月数)÷365=6.575
まあ個人差は日数・周期いろいろありますがだいたいこういう計算式が成り立ちます。

生理中の女性の身体はホルモンバランスによって「守られている状態」になっています。
妊娠していれば尚更、身体は自身を「守る」状態を維持しようとしています。
(出産経験のない女性は子宮体がん・乳がんのリスクが高いです)
まあ、現在の労働世代の女性には、男性と同じようなストレスを受けていると思われる
ので今後この数字も変わって来るのかなあと思うのですが、身体のリズムのひとつであ
る「生理周期」が寿命にも影響しているのではないかと言うのは、ちゃんとした学説と
して成り立っていると言うのはとても興味深いと思いました。

毎月の痛みやいろんな症状に困っていらっしゃる方も多いと思うのですが、ちょっと
視点を変えて?「このおかげで男性より長生きできるのねー」と考えれば少しはブルー
デイもやり過ごせるようになるのではないかなーと思うのです。

ちょっと所長には分かっていただけない話題で申しわけありませんでした<(_ _)>
ひかるでした!

 

─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒101-0013 〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html

=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html

2012年2月 3日 (金)

第060号 「ツイッターの利用方法」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
  携帯: http://http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru
 

こんにちは!ひかるです\(^o^)/
今日はツイッターについてお話させていただきますね。
皆さんの中では、もうツイッターを始められている方もいらっしゃるかと思うので
すが、知ってる人同士でも結構楽しいんですけど…。
私の場合はミーハーな性格もあって、いろんな職業・年齢の方を勝手にフォローさ
せていただいてます。
(歌手・芸人・政治家・弁護士・実業家・僧侶…などの方々)
その方が、どういう考え方をされているのかがツイートでわかるので、開くのがい
つも楽しみですよ(^v^)

実は某コンサルタントの方のメルマガで「経営者の友達を作れ」と言う課題が
あったのですが…。
実際問題として「経営者の友人」を作るのは難しいですよね。
だけど「経営者の思考」は知りたいのですよ。求職者としては…。
で、何人かの「経営者」の方もフォローさせていただいています。
「経営者の考え」を知ることが出来るのって、ホント勉強になりますよ。

最近では、例の「寝る前ノート」にその言葉を書かせていただいています。
その方の事業が大きければ大きいほど、その発言はたくさんのフォロワーに伝わる
訳ですよね。
だから、影響力も大きいと思うのです。
最近のツイートで私が感銘を受けたのは
「人生とは何と素晴らしいものだろう。幾多の困難はある…しかし、それを乗り
越える勇気と努力を惜しまなければ、いつか必ず良き事が起こる」
某大手通信会社・経営者の言葉です。
うーん、所謂「一流」と思われている方の発言は常に「前向き」ですね。
勉強になります( ..)φメモメモ

皆さんもツイッターの使い方をちょっと変えてみませんか?
新しい世界に繋がる言葉に出会えるかもしれませんよ。

ひかるでした(*^_^*)
 


─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒101-0013 〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html


=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html

2012年1月20日 (金)

第058号 「上手な病院のかかり方」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
    携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru

 

こんにちは、ひかるです。
今回は「上手な病院のかかり方」についてのお話です。

 

「病院に行く」と言う場合は何かしらの自覚症状がある場合が多いですよね。
特に女性特有の症状だったりした場合、基本は「婦人科」に行く訳ですが、「婦人科」って初めて行く時に抵抗ないですか?

私の場合ですが、学生の頃から所謂「生理痛」がひどく毎月鎮痛剤が必要でした。
病院に行く必要は感じていたのですが、なかなか「産婦人科」に行く勇気は出ませんでした。

で、選んだのが「総合病院」での受診です。
これだったら病院に入る時にはどこにかかってるのかはわかりませんから。

でも「初めての婦人科受診」に不安がありました。
今はどこの病院・クリニックでも受診前に「問診票」みたいなものを書かされると思うのですが、その時に必ず書く欄があるのが「最終月経」です。
これは医師側からすると重要な情報になるそうなので、手帳にでもメモして行って下さいね( ..)φメモメモ…。

あと診察が終わってから「あー言い忘れてる!」と言うことが結構あるので(私だけか?)医師に伝えたいことは、やっぱりメモして持って行くことをお勧めします。
(これは婦人科に限らず何科でもそうですが、初対面の医師相手に言いたい事をすべて伝える事って難しいものです)

気になっている事を箇条書きにして行くのがいいと思います。
医師によっては、そのメモを直接見てくれる方もいらっしゃいますよ。

婦人科は女性医師の方がいいと思われている方も多いと思うのですが、私の経験からですと、男性医師でも分かってくれようとしてる姿勢があれば大丈夫です。
ガン検診などの場合、女性医師の方が痛かったりした記憶もありますので、特に女性医師の方がいいとは言えないと思います。

気になっている症状が今ある方は、勇気を出して婦人科に行って下さいね。

ではまた。

 

─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒101-0013 〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html

=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html

2011年11月18日 (金)

第049号 「冷え対策」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
    携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru

 

こんにちは ひかるです。
今日は「冷え対策」についてお話したいと思います。

「冷え対策」って言うと「冬」だけのイメージがあるかと思いますが、私の場合は
真夏の冷房で極端に冷やされて、外気の30℃以上という熱気の中に出ると言うこと
を何度かやっていると身体が悲鳴を上げてきますね。

だから「冷え対策」は1年中かかせないんです((+_+))

まず、誰でも思い浮かぶのが「冷さない」ってことですよね。
さて、どこを冷さなければいいのでしょうか?

…答えは「首」「手首」「足首」です。

つまり身体の「つなぎ目」のところを冷さないことが重要だと言われてます。

首を冷やし過ぎると、頭への血流が悪くなります。その結果として頭痛という症状
が現れます。
手首と足首は、それぞれ手と足への血流障害が起こります。
(私は学生の頃、毎冬ひどい「しもやけ」に悩まされました)

和気道のレッスンを経験された方だったら、レッスン後に手足が暖かくなっているのに気付かれた方も多いのではないでしょうか?
手と足の血流がいいと言うことは、そう、全身の末端まで血液が滞りなく巡ってい
るとってもいい状態です。

「血流が良い=身体の隅々まで血が通っている=基礎代謝が上がっている」

つまり、「冷さない」ことはダイエットにも利用できそうですね\(^o^)/

あなたの年令がおいくつなのか、わからないですけど、若いうちから「冷さない」ことはとても大事です。
あ、婦人科疾患や生理痛にお悩みの方は特に「冷さない」ことを心がけてくださいね…。
できれば真夏でも、冷たい飲み物は極力飲まないこと。
漢方専門医に私が言われた言葉ですが(>_<)

 

ではまた、お会いしましょうbye bye!!

 

─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒101-0013 〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町7-1日本橋Deux5階
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html

=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html

2011年7月29日 (金)

第033号 「こころのケアについて」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
    携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru

 

ひかるです
今回は「こころのケア」についてお話させていただきます。


3月11日、東日本大震災が起きました。
東京にいた私でも、生まれて初めての揺れに怯え、国道沿いを黙々と歩いている人々は明らかに「普通じゃない」状態でした。
それからも余震は続いています。
実際に家を流され、家族を失った方々を思うと言葉もありません。

こういう時、被災した方に接するに当って一番大切なことを、強い精神的ショックを受けた経験のある立場の私からお話させてください。

とにかく「決して無責任に励まさない」ことです。
頑張っている人に頑張ってと言うのも失礼だと思いますし、「言われなくてもわかってる!」と言うのが皆さんの気持ちだと思います。

「話したい事があったらいつでも聞くからね」と言ってあげること。

これはあくまでも相手が「話したくなったら聞く」のです。
ムリに質問するようなことは避けなければいけません。
「聞いて欲しい時」と「触れられたくない時」があります。理解して下さい。

信じられないような事態に巻き込まれた時、人間は最初の数週間は「気が張って」いるものです。
その数週間が過ぎた時に「話を聞いてくれる人」が必要になってきます。

「話を聞く」立場の人は、基本は相槌程度でいいのです。
間違っても話を途中で遮らないで下さい。
普通に考えておかしいと思っても、それを伝えてはいけません。
伝えることはもっと後になって、落ち着いた時で充分です。
話している方が「自分のせいで」とか「自分だけ助かって」とか自責の言葉を口にするようなら、その時だけは「そんなことないよ」と優しく否定してあげて下さい。

今回のような大規模災害の場合、共通の体験をした方がたくさんおられると思います。
一番いいのは、同じ体験をした人同士で「体験を分かち合う」ことです。
それによって「自分だけじゃない」と言う、前向きの姿勢にもなれると思います。
よく言われる「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」などは、「生命に危機を感じたまたは危うく死にかけた」人の場合、あたりまえに起きる「こころの反応」なのです。

「理解してくれている人がいる」
ことは、当事者にとって一番心強くありがたいことです。

もし、お知り合いに今回の震災で「こころが不安定」になっていらっしゃる方がおられたらちょっとだけこのメルマガを参考にしていただければ幸いです。

ご質問がありましたらブログでお受けします。
http://lps.cocolog-nifty.com


ひかるでした。

 

─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町7-1-502
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html

=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html

2011年6月24日 (金)

第028号 「言葉の力」

<今回の執筆者:ひかる>
  プロフィール:
    携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#hikaru
    PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#hikaru

 

こんにちは ひかるです\(^o^)/
今日は「言葉の力」についてお話します。
この世界に存在する生物の中で「言葉」でコミュニケーション出来るのはヒトだけですよね(まあ細かく言えば動物同士では会話してるのでしょうが)
会話をする時に「言葉」は「口」から発信されていますね。

自分自身の言葉を一番最初に一番近くで聴いているのは誰でしょうか??
ちょっと考えて下さい(?_?)

そう、自分の「耳」です。

だから何かを発言する時には、自分の耳が一番最初にそれを聴く事になります。
ここで大事なことは、自分自身の発した「言葉」が自分に影響すると言う事です。
よく「言霊(ことだま)」と言う表現を聞きますが、発せられた言葉には魂が宿ります。

だから普段どういう言葉を使っているかと言う事は、結構メンタルな部分で自身に
反映されるのです。
ポジティブな言葉が多い方はよりポジティブに、そうでない方はそれなりに…。(どこかのCMのようですが)
私自身、ネガティブシンキングが多いので、よけいにそちらに行きやすくなってるなあと思う事多いです(>_<)

で、これからは「言葉から元気に」なりたいと思ってます(*^_^*)
自己暗示の一種になるかもしれませんが、自分で自分に「だいじょうぶ」と言ってあげるのです。

ゆーっくり呼吸をしながら「だいじょうぶ・だいじょうぶ・だいじょうぶ」と。
不思議と落ち着いている自分に気が付きます。
(もちろん、信頼している方の「だぁいじょうぶだから」も効き目ありますが、いつも聴く訳にはいかないので)

ゆっくり時間が取れる時には、もちろん瞑想なども落ち着けますよね。
時間があまりないけれど何か落ち着かなくて不安な時に、セルフケアのひとつとしてお試しください。

深呼吸とゆっくりした言葉のコラボ!お勧めしまーす。

 

ひかるでした(^_-)-☆

 

─── 私たちはあなたのライフビジョン実現を応援します ───
       ライフパラダイムシフト研究所
      ~あなたの人生はもっとよくなる~
─────────────────────────☆★☆──

★メルマガ「人生の満足度を最大化するLPS技法」★
バックナンバー:http://lps-mm-bn.cocolog-nifty.com
発行責任者:LPS研究所 天月珠美
〒121-0063 東京都足立区東保木間1-13-9-308
(有限会社ステージアップ内)
公式サイト: http://www.stageup.co.jp/lps
お問合せ : lps@stageup.co.jp
登録・解除
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001215272.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001215272.html

=== ご興味がある方は、こちらのメルマガもぜひ! ===
★無料メルマガ「魂を磨く50の質問」<執筆者:天月珠美>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/M0095409.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/M0095409.html

★無料メルマガ「コンサルKUROSUの超辛口就職指南」<執筆者:黒須靖史>★
 携帯版: http://mobile.mag2.com/mm/0001073960.html
 PC版: http://www.mag2.com/m/0001073960.html

より以前の記事一覧