カテゴリー「あ 天月珠美」の記事

2018年1月 5日 (金)

第362号 「高揚感」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です。
 
 
明けましておめでとうございます(^o^)/
本年も、どうぞよろしくお願いします!
 
 
昨年暮れから年始にかけて、いろいろな方から
 
「2018年からあなたの大飛躍がはじまる」
 
というメッセージを頂いています。
 
そういうふうに教えてくださるのは
易学的な専門家だったり、
スピリチュアル系の方だったり、
と多方面にわたっているので、
ホントにそうなんだろうなぁ、と思っていますし、確かに年末ぐらいから流れが変わってきている気がします。
 
そんな中、信頼を寄せているある方から
 
「高揚感を大事にしなさい」
 
と言われました。
 
なるほど、確かに高揚感が高まるとエネルギーが出ますよね~
今年からのいい流れを強化する源泉となる氣がします。
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 
 
そこで、
正月休みに「高揚感ってどうやったら生まれるのか」を考えてみました。
 
これまで高揚感を味わった経験やこの先のことをイメージしながら考えてみて、少しハッキリしてきました。
 
 
僕の場合はどうやら
 
・自分が考えた仕組みを具体化していく
・難しいことを達成することに向けてチャレンジする
 
ということのようです。
 
あ、どちらもビジネス的な分野で、ということです。
それ以外の分野はあんまり高揚感がでてきません(^^;
「あ~、ワーカホリックってこういう人たちなんだ」と、今明確にわかりました(笑)
 
 
ということで、今年はまず手始めにネット通販を始めます。
ビジネスを大きくするというよりは
 
「高揚感を味わう一つのツール」
 
みたいな感覚です。
 
ですので、売れる売れないはともかくとして(もちろん売れるように考えますが)、
自分の思ったことを実現させてみる、ってことを大事にします。
 
で、早速昨夜、古物商の許可を取る方法を調べてみました。
“〆( ̄  ̄*) ナルホドソカソカ
 
うん、確かに高揚感が高まりました(笑)
 
 
そんなわけで、今年もますますパワフルに頑張ります!
どうぞよろしくお願いします(^^♪
 
みなさまもスバラシイ1年としてください。
 
 
 
ではまた~(* ̄▽ ̄)ノ~~♪
 
 
 
 
 

2017年12月29日 (金)

第361号 「今年もよい一年でした(^^♪」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です( ̄▽ ̄)
 
 
今日を含めると、今年も3日となりました。
いつものことですが、あっという間の1年でした。
 
でも、
 
やっぱり、とってもよい一年でした。
 
僕にとって「よい」「わるい」の基準は、
 
「自分が成長できたかどうか」
 
です。
 
 
ですから、仮に、ハッピーやラッキーがたくさんあっても、自分の成長を感じなかったら、その1年は時間が過ぎただけ、というわけで、「よい一年」とは思えないんです。
 
逆に
悲しいことや、大変なことや、辛いことがたくさんあっても、それを乗り越えることができた(自分が成長した)のであれば、その日々はとても意義のあるものなので、「よい一年」というわけです。
(まあ、実際は「つらいなー、大変だな~」とも思いますけどね(笑))
 
 
そして、「自分の成長」ということを基準にすると、外的要因は全く関係なくなるわけです。
 
すべて「自分」の考え方、見かた、行動の仕方、で決めることができます。
つまり「主体的に、あるいは自分勝手に『よい』という状態が作れる」ということです。
 
 
ただ、それを1年単位で考える必要はなく、日々のことなんじゃないかと思うんですね。
年が変わるというのは、年号の数字が変わるだけのことであって、時間の流れからすれば、「今日から明日へ」というだけですから。
 
 
まぁ、こういうふうに考えられるのも、安全で平和で、飢えることや理不尽な制裁や略奪を受けることもない日本に住んでいるからできることであって、それは本当に恵まれていることだと思います。
日本人に生れただけで、幸せの土台ができちゃってます。
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 
 
さて、
来年も「よい一日」がたくさん作れるよう、ガンバリマス。
 
みなさんも、どうぞ楽しい年末年始をお過ごしください(^^♪
 
 
来年もよろしくおねがいします~
(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
 
 
 
 
 

2017年12月22日 (金)

第360号 「50年後、日本という国は無くなっているかも知れない・・・(その5)」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
さて、前回の続きです。
 
「子供を作らない人がドンドン多くなる可能性は高い」
 
ということまでお話ししました。
 
 
今回は
 
「高齢者が増えるとどうなるか」
 
について考えてみたいと思います。
 
 
 
さて、少子化、というか若者が増えないにもかかわらず、高齢者は確実に増えます。
 
子供が増えるかどうかは選択の問題ですが、高齢者が増えるのは「みんな年を取る」からです。
 
高齢者が増えることによって起こる現象は、大きくは
 
A)高齢者向けの医療や居住施設が足らなくなる
B)高齢者を介護や看護する人員が増大する
C)高齢者に対する社会保障費用が増える
 
だと考えられます。
 
 
さらに問題なのは、日本の場合、この先増えていくのは「貧乏な高齢者」です。
 
仕事についていても給料はあまり高くなく、非正規社員の割合も多く、生活がギリギリで年金の納付もできないいわゆる「ワークプア」の人たちがいる世代が高齢者になるわけです。
 
ですから、今のように「お金をたくさん持っている高齢者」はどんどん少なくなり、国に頼らないと生きていけない高齢者が増える、ということなのです。
 
 
実は、高齢者が増えても、それ以上に若者が増えれば問題は大きくはないのです。
 
若者が増えていれば、税収(主に所得税や消費税など)や年金納付などで財源を確保できるので、国の予算で高齢者を支えることが可能だからです。
 
 
 
高齢者が増え続け、若者が少なくなっていくということの問題は、このような経済的なことだけではありません。
 
じつは、それと匹敵する、あるいはそれ以上に大変なことかもしれない状況が待ち受けています。
 
それは
 
「安全維持が困難になる」
 
ということです。
 
具体的には、警察、消防、自衛隊など、国の安全を守る人材がどんどん減っていく、ということです。
 
これらの仕事は若者でなければできない部分が多いですよね。
もし、今と同じレベルの人員を投入しようとしたら、若者が今よりも高い率でこれらの仕事についてくれる必要があります。
 
 
その可能性、ありえると思いますか?
(-ω-;)ウーン
 
 
安全維持は、国の内側の部分と、外側の部分にわかれます。
まず内側の部分を見ていきましょう。
 
 
警察の人数が少なくなれば、治安が悪くなります。交番を維持することができなくなるので軽犯罪はもちろん、凶悪犯罪も起こりやすくなります。
場合によっては、警察署の統廃合も起こりえます。
 
消防隊員の人数が少なくなれば、火災の被害が大きくなり、個人や企業だけでなく自治体に与える経済的な打撃も大きくなります。
また、隊員が高齢化していると、現場での隊員自身の事故率が高まります。
 
自衛隊員の人数が少なくなれば、災害時の救助活動が滞ります。
大規模の災害の場合、救助や復旧に時間がかかりますし、隊員1人の肉体的負担も増大かつ長期化し、隊員が体力的精神的に倒れてしまい、さらに他の隊員の負荷が高まり時間も伸びる、という負のスパイラルに入ります。
 
 
「日本は安全」というのは、崩壊していくのです。
 
 
では、外からの脅威はどうでしょう。
 
警察や公安が弱体化すれば、外国人によるテロの標的になる可能性が高まります。
 
自衛隊の人員不足は、さらに深刻な状況を招きます。日常的な監視活動、特に沿岸警備が手薄になることにより、密入国や島嶼部の乗っ取りが起こりやすくなります。
 
また、国内の災害が発生した際には、そちらの救援に人員が割かれることにより、国防がほとんど空っぽになる、という可能性も高くなります。
 
「日本は平和」ではなくなるのです。
 
 
続きはまた次回にしましょう
 
 
 
ではまた~(@^^)/~~~
 
 
 
 
 

2017年12月15日 (金)

第359号 「50年後、日本という国は無くなっているかも知れない・・・(その4)」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
さて、前回の続きです。
 
「仮に、子育てに必要なお金を運用したらどうなるか、、、?」
 
ということについて考えてみます。
 
 
ある調査によると、出産から大学卒業までの費用はおよそ3000万円だそうです。
 
 
22年間で3000万円ですから、もし同じ額のお金を作るとすると、
 
年間136万円(毎月約11万円)を貯金する
 
となります(物価変動等は無視しています)。
 
 
一人で毎月11万円の貯金は難しいかもしれませんが、夫婦なら可能性は高まってきます。
もし3000万円を年利5%で運用したら(できるんですよ)、どうなるか試算をしてみましょう。
 
 
まず、
月11万円の貯金を始めるのが33歳だとして、
3000万円貯まるのが55歳
(実際には貯めている間も利息が付くのでもう少し早く3000万円になりますが)。
 
 
さて、3000万円貯まったところで貯金をやめたとすると、
3000万円に対する年間の利息は「150万円」です。
このお金が毎年入ってくるわけです。
(こどもがこれだけ親にお金を渡すかな??)
 
 
では、その利息分を使わずに貯金(運用)に回したらどうなるでしょう?
60歳まで頑張ると貯金は約3800万円になります。
その利息は年間約190万円です。
 
 
さらに65歳までそのお金を使わずに運用したら、
貯金は約4900万円となり、利息は年間約240万円です。
 
つまり、
 
「現金で4900万円を持っているうえに、何もしなくても月20万円の生活費がはいってくる」
 
という状態になるわけです。
これなら、年金制度が破たんしていても、何とかなりますよね。
 
 
今、33歳の方が65歳になる32年後、ザッと2050年の人口はというと、、、
9817万人となり、現在の約77%です(出生率低位の場合の人口)
 
ですから、その時代には日本は空き家だらけで家賃もかなり安くなっていると思われます。
ただ、人口が少ない分、税金が高くなっている可能性はありますが。。。
 
 
ちなみに、年金は給付開始後は死ぬまでもらえるのですが、支給開始年齢と男性の平均寿命の遍歴をみてみると、、、
 
1947年(昭和22年):55歳開始、平均寿命50.06歳
1954年(昭和27年):60歳開始、平均寿命63.41歳
1985年(昭和60年):65歳開始、平均寿命74.78歳
 
で、2016年の男性の平均寿命が80.98歳で、もちろん伸び続けているわけで、これまで経済が上昇している時代でも「平均寿命より15年前から支給開始」というパターンだったわけで、年金の担い手が減少している今の状況では、もっと早いペースで支給開始時期を遅らせることになることが予想されます。
(参考までに、女性の平均寿命は84.17歳です)
 
 
子育てにお金を使って、貯金もあまりない状態で老後になり、子供からの仕送りも年金も期待できない状態と比べると、、、
 
 
続きはまた次回にしましょう
 
 
 
ではまた~(@^^)/~~~
 
 
 
 
 

2017年12月 1日 (金)

第357号 「50年後、日本という国は無くなっているかも知れない・・・(その3)」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
さて、前回の続きです。
 
「女性にとっての『結婚をする理由』が小さくなってきた」
 
ということまでお話ししました。
 
 
今回は
 
「子供を作る理由が小さくなった」についても考えてみましょう。
 
 
これは、2つの要因に大分されると思います。
 
1つ目は、「子育て以外にも楽しいことがたくさんある世の中」
2つ目は、「子供が将来の自分の生活を支えてくれるという期待が持てない」
 
ということです。
 
 
1つ目については、子供を持つメリットよりも子供を持たないことによって得られるメリットもたくさんある、逆に言うと子供を持つデメリットが目立つ文化、ということなのではないかと思います。
 
子供が居なくても、ショッピングをしたり、おいしいものを食べたり、趣味を楽しんだり、気ままに旅行をしたり、ネットサーフィンを楽しんだり、無料のゲームをやったり、見放題のビデオや映画を鑑賞したり、同じくフリーの異性と気軽な付き合いをしたり、、、 世の中は楽しいことに満ち溢れています。しかも、結構安く・・・
 
結婚するしないにかかわらず、子供を持つことへの魅力や関心が薄くなってしまっている、ということなのではないでしょうか。
 
 
2つ目は、この先の日本の経済状況と、社会負担状況が絡んできます。
 
ご自身から見て、日本の経済状況がこれからググっとよくなる、という感じはどのぐらいありますか?
僕は、緩やかに成長する可能性はあるかもしれませんが、急成長はあり得ないと思っています。逆に経済は労働人口が減ることで緩やかに落ち込んでいくほうが可能性は高いと思っています。
 
 
そして、すでに今の状態でさえ高齢化率25%超という状況であり、先ほど書いたように子供が増えないことがほぼ確実な状況においては、若者の社会保障負担はますます増えていくわけです。
 
となると、子供は自分の生活で手一杯、とても親の経済的な面倒など見られない、という可能性はかなり高いでしょう。
 
 
ちなみに今から23年後、2040年の日本の人口の推計値は・・・
 
■悪く見積もって・・・
(合計特殊出生率1.25。今が1.44ですから結構リアルと思います)
総人口 :1億969万人
0~14歳:1028万人(9.4%)、
15~64歳:5894万人(53.7%)
65歳~ :4047万人(36、9%)
→ 4.5人の働き手が、1人の子供と4人の高齢者と0.5人の社会的弱者を養う世界。
(就業期間を20~64歳、さらにそのすべてが就業できてはいないと仮定)
 
■よく見積もって・・・
(合計特殊出生率1.44を維持。かなり現実性は低いと思います)
総人口 :1億1228万人
0~14歳:1194万人(10.6%)、
15~64歳:5987万人(53.73%)
65歳~ :4047万人(36、0%)
→ 人口の減少度合いは低いものの、やっぱり4.5人の働き手が、1人の子供と4人の高齢者と0.5人の社会的弱者を養う世界。
 
 
人間性とか心情的な面をあえて取り除いて、「子供を持つことの経済的なメリット」だけをみれば、子供を持たないほうが経済的にはメリットが多い、という見方もあります。
 
なぜなら、子供にかかるお金を、自分の生活レベル向上や、老後に向けての資産運用にまわせるからです。
 
こんなことを書くと非難轟々かもしれませんが、仮に子育てに必要なお金を運用したらどうなるか、、、?
 
 
次回は、そのあたりの話しを書こうと思います。
 
 
 
ではまた~ (^^)/~~~
 
 
 
 
 

2017年11月24日 (金)

第356号 「50年後、日本という国は無くなっているかも知れない・・・(その2)」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です。
 
 
さて、前回の続きです。
 
「日本の人口はすでに減少している」
 
これは、統計数値を見ても明らかです。
 
で、どういうことが起こるか、、、
 
 
 
単に人口が減っているだけなら、まあ、なんとかなるのですが、問題は
 
・子供の数が減り続ける
・高齢者が増え続ける
 
というダブルパンチに日本は見舞われているので大変です。
 
 
ちなみに、国の推計では、2020年には女性の半数が50歳を超えます。
 
 
これは何を意味するか、というと
 
「子供を産める人がどんどん少なくなっていく」
 
ということです。
 
 
「結婚をする」とか「子供産む」という個人の選択による少子化の問題以前に、そもそも産める人が少なくなっていくわけです。
 
仮に、今の人口を維持しようとしたら、産める世代の女性全員が、何人もの子供を作らないと間に合いません。
 
現実的には、ありえないですよねぇ(-_-;)
 
 
とにかく、結婚する人も減っていますし、子供を作らない夫婦も増えています。
子供がいるとしても、3人以上作らなければ、人口は確実に「減少」し続けます。
 
2016年の、日本の15歳~40歳の女性が一生のうちに産む子供の統計上の数(合計特殊出生率といいます)は、「1.44」です。これが「2.08」で人口が維持できます。
 
 
すごくザクっというと、
 
1 日本女性の100%が2人の子供を産んで、
2 そのうち12人~13人に1人は3人産む
 
とならなければ、人口は維持できないというわけです。
 
 
ちなみに、合計特殊出生率が一番高かったのは終戦(1945年)後の1947年の4.54ですが、なぜ多いかは想像つきますよね。
この時の赤ちゃんが「団塊の世代」で、今70歳ぐらいです。
 
産める女性の数が減り、一人の女性が産む子供の数も減るという、少子化だけをみてもかなりやばい状態です。
 
 
結婚しない人や、子供を作らない人が増えてきている背景は、たとえば子育ての社会環境が整っていないからなどと言われていますが、僕はそうは思いません。
 
 
簡単に言えば、
 
「結婚する『理由』が小さくなった」
「子供を作る『理由』が小さくなった」
 
ということだと考えています。
 
まず、前者についてですが、大きな原因は
 
女性の社会進出、つまり女性が経済的に一人でも生きていける可能性が高くなってきた、
 
ということだと思います。
(もちろん、僕は女性が社会で活躍することについて反対をしているわけではありませんので、誤解なきよう)
 
 
経済的に自立ができるのであれば、結婚して男に養ってもらう「必要」は無くなります。
 
つまり、結婚は
 
「女性が生きていくために『必要なこと』」
 
ではなく
 
「女性が、よりよい人生を送るための『選択肢の一つ』」
 
というレベルに下がったのだと、考えられます。
 
 
ですから、仮に男性の結婚に対する熱心度が昔と変わらないとしても、女性からより一層厳しい基準で選択されるわけなので、結婚する人が減っていくと考えられます。
 
「生活のために結婚する」という理由が下がる原因のもう一つが、「生活保護」です。
生活のレベルさえ割り切ってしまえば、仮に仕事に就けなくとも生活保護だけで十分生きていけます。
 
場合によっては、賃金の安い仕事をするよりも、財産や社会的地位を放棄して生活保護を受けたほうが楽に暮らせるということもあります。
(実際、これが広がってきていて、日本は大変な状態です)
 
 
 
 
続きはまた次回にしましょう
 
 
 
ではまた~(@^^)/~~~
 
 
 
 
 

2017年11月17日 (金)

第355号 「50年後、日本という国は無くなっているかも知れない・・・(その1)」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
この原稿は、出張先で書いています。
ある県の県庁所在地です。
 
ホテルではなく、Airbnbで取ったいわゆる民泊で、県庁から歩いて5分ほどのところにあるマンションの一室を丸ごと借りています。
 
広さは60平米弱で2LDK、料金は約5000円で、ビジネスホテルより安いです。
部屋はリノベーションされており、とてもきれいです。
 
ちなみに、オーナーは地元の不動産会社で、この部屋も実は売りに出されているものです。
 
いくらぐらいだと思います?
 
750万円です。
 
安いでしょ!
でも、買ってはいけません。
 
この部屋に泊まって、すごく実感したのは
 
「このままだと日本は国として成り立たなくなる」
 
ということです。
 
 
 
このマンション、建物の特徴からみると、おそらく1970年台前半のものです。
 
ですから、築40年は経っていると思います。
でも、おそらく少なくともここ15年はちゃんとした「大規模修繕」を行っていないと思われます。
なんせ、建物の外側がボロボロで、廊下の電球も切れっぱなしです。
 
マンション住まいの方は、大規模修繕って知ってますよね。
そう、10年~15年に一度、屋上やら外壁やらベランダやら、つまり占有区域(=自分の部屋)以外の部分を一斉に修理する作業で、数か月かけて行って、洗濯物を干す場所に困るアレです。
 
これは、相当の費用が掛かるので、所有者は毎月そのための積立金を支払います。
 
長期間大規模修繕をやっていない、ということは、積立金がなかなかたまらない=所有者の数が少ない、ということです。
 
この状態が続くとどうなるか、というと、マンションの資産価値がどんどん下がるだけでなく、さまざまなものが老朽化し、屋上からの漏水、配管の水漏れ、エレベーターの故障、給水装置の故障、外壁や廊下の破損など、だんだんと住めない状態になってきます。
 
ですから、自分が住めなくなったといって、売却して引っ越す、ということもできなくなります。
 
750万円でも、買うのはやめておいたほうがいい物件です。
というか、よっぽどの好立地で、確実に所有者が減らない、というところ以外は、この先マンションは買わないほうがいいでしょう。
 
日本は、すでに人口が減少しており、この先どんどん住居が余っていきますから。。。
 
 
 
この話、少し長くなるので、何回かに分けることにしますね(^^;
 
 
 
ではまた~(@^^)/~~~
 
 
 
 
 

2017年10月20日 (金)

第352号 「やはり、ラー博はいいな~」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
先日、ある業界紙の取材で新横浜の「ラーメン博物館(ラー博)」に行ってきました。
 
実は、僕、ラーメン大好きなんです(^^)
バリエーションが豊富で、手間暇かけてる割に値段が安くて、もちろんおいしくて・・・
あ~、こんなに素晴らしい料理は日本の誇りだと思います。
 
で、ラー博に行ったのはずいぶん久しぶりでした。
あまり頻繁に行くと、お店が前と同じで面白くない、と思ってたらあっという間に数年たっちゃいました(^。^;)
 
ラー博は、開業してなんともう23年! 結構古いんです。
ぶっちゃけ、開業当初は「何年もつかなぁ」と、ちょっと白い目で見てたんですが、いやはや恐れ入りました m(__)m
 
恐れ入ったついでに、調べてみたらこんなこともわかりました。
 
なんと、横浜に観光に来た外国人客の訪問先の第2位なんです(ちなみに1位は中華街)。
すごいですよね~。赤レンガとか、山下公園とかより上位なんですよ。
 
そんなラー博ですが、やっぱりおいしい店がそろっていました。
とはいっても、ミニラーメンにしてもせいぜい2杯しか食べられないのが残念~。
なので、店を厳選して、今回は、以前出張したことがある利尻島(北海道)のラーメンと、ヨーロッパの人が食べに行くというドイツにあるラーメン店(日本人経営)に行ってみました。
 
もちろん、どちらも
トッテモウマカッタ~ ε-( ̄(エ) ̄*)/
 
日本には、ラーメン屋さんを集めたエリアがいくつかあります。
たとえば、東京駅の「東京ラーメンストリート」とか、品川駅の「品達」とか。
でも、それ専用の建物を作って、入場料を取って、、、というスタイルはラー博だけなんです。
 
入場料払ってラーメン食べる、なんて初めは考えられませんでしたが、その価値はやっぱりあるんですよね~。
 
そのほかのラーメンエリアは、ほとんどが大手企業が運営していて、まあ、当然ながらビジネス上のからくりというか「大人の事情」が裏側にたくさんあるわけです。
なので、確かにおいしい店が集まってはいるけれど、どこか「だろうね」みたいな感じがあるんですが、
ラー博は、地元の個人のオーナー会社が、ラーメンへの愛情をそのまま形にしてるので、店の選び方とかがとっても純粋なのです。
だから、「同じラーメン好きが選んだ店」、という個人的な共感がもてるんです。
 
これからの商売、結構こういうのが重要になるんだと思います。
飲食業は、どんな料理でもどんどんチェーン化が進んで、なんだかわけのわからないバイトが、自分が好きでもない料理を作ったり提供したり。
確かに、安くてそこそこの味ではありますが、「なんだかなぁ」という気持ちがいつもつきまといます。
 
そもそも、チェーン店は「ダメだったら閉店すればいい、業態を変えればいい」という発想ですから、個人が共感する部分って、ないんですよねぇ。
 
飲食に限らず、選択肢が増えている世の中で、強力なプロモーションツールは「個人的な共感」なんじゃないかと思うんです。
 
ま、そうはいっても、吉野家の牛丼は愛していますが・・・(笑)
 
 
あ~、ラーメン食べたくなってきた~!
またラー博いこうかな~
 
 
 
ではまた(* ̄▽ ̄)ノ~~
 
 
 
 
 

2017年10月13日 (金)

第351号 「生活のレベルを決める要素を考えてみました」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
海外に滞在すると、いろいろな点で日本との違いを肌で感じます。
 
そういうなかで、漠然と
 
「この国は生活レベルが高いな」
 
と思ったりするのですが、じゃ、どういう要素が生活レベルを決めるんだろうか、と考えてみました(-ω-)
 
 
大きなカテゴリーでいくと、まずは経済的な要素だろうと思います。
 
例えば、「失業率」。
 
当然ながら、失業している人が少ない方が、世帯所得は高いわけで、
必然的に経済が活性している=お金が流通していることになります。
 
「GDPの額」という要素もあるとは思うのですが、その額が高いよりも、失業率が低いほうが経済的にはいい状態だと僕は思います。
 
経済が活性していると、一般的には税収も増えるので、社会サービスが充実しています。
それを踏まえて、生活環境に関する要素はどんなものかと考えてみると、
 
「治安」「教育」「衛生」「医療」「エネルギーインフラ」「交通インフラ」
 
というあたりですね。
 
 
もう少し、見た目でわかりやすいところだと、こういう要素もありますねぇ。
 
「走っている車がきれい」
「人々が身ぎれい」
「建物や乗り物に落書きがない」
「スーパーに品物がたくさんある」
「公共のものが壊れたままになっていない」
 
 
そう考えると、やっぱり日本は生活レベルが高いんですよね~。
これだけそろっている国はあまりないと思います。
 
 
ただ、精神的なレベルについては全然違う要素だと思います。
これは奥が深いです。
だからこそ、安易にあーだこーだと言えるだけのレベルに、まだ自分がなっていないのがわかります。
 
もっと修行しようっと
 
 
 
ではまた
(* ̄▽ ̄)ノ~~
 
 
 
 
 

2017年9月29日 (金)

第349号 「ワーケーションは広まるか?」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
ワーケーション、って言葉を聞いたことありますか?
「ワーク」と「バケーション」を合わせた造語で、「長期休暇中の数日を仕事日に充てる」ということです。
 
海外で注目をされているそうですが、「働き方改革」なるものがすすめられつつある日本でも、こういうスタイルが増えてくるのではないかと思います。
 
休暇中に仕事をするといっても、会社に出るわけではなく、旅行先でテレワークする、ということになります。
 
例えば、
 
「沖縄の離島に一週間の秋休み、そのうちの2日をパソコンを使って仕事日に充てる」
 
という具合です。
 
ホワイトカラーの仕事であれば、これはかなり可能性が高いと思います。
どんなことができるか考えてみると
 
・メールの送受信
・電話会議
・資料の作成やチェック
 
ぐらいは、会社にいなくてもできますよね。
人によっては、すでに週末が同じような状態になっている場合もあるんじゃないかと(笑)
 
考えてみると、僕なんかはすでにこういう感じになってます。
先日もヨーロッパに行っていたのですが、その時にもメールのやり取りや資料作成はもちろん、LINEでの電話会議(もちろん無料!)もやってます。
 
ワーケーションを会社が制度として整備することで、長期の休暇が取りやすくなったり、業務都合による休暇のドタキャンがだいぶ防げるようになると思います。
 
 
海外の場合、電話会議は時差を考えなければなりませんが、それでも旅行にいけないよりはいいと思うんです。
 
単なる残業減らしや休暇取得促進では、企業の生産力が落ちてしまいますが、こういう形ならある程度は維持できるのではないかと期待しています。
 
特に中小企業の場合、「その人がいないと仕事が回らない」ということもあり、そうするとなかなか長期休暇は取れないもの。
 
うまく浸透していくといいなぁ、と思います。
 
 
課題は、現場でカラダを使わなければならない製造系や技術系の仕事ですね。
ただ、これは、確実に近い将来AIとロボットが解決してくれることになるでしょう。
あ、でもそうすると仕事そのものがなくなっちゃうか(^-^;
あ、ホワイトカラーも同じですね~( ̄― ̄; ヒヤリ
 
やっぱり、より一層「人間ならでは」の仕事力が求められてくるんだと思います。
 
 
さ、がんばろっと。
 
 
 
ではまた (* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
 
 
 
 
 

より以前の記事一覧