« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月25日 (金)

第382号 「日頃気になってた事を書いてみました」

<今回の執筆者:お月見>
  プロフィール:
   http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#otukimi
 
 
 
こんにちは。お元気でお過ごしでしょうか?
お月見です。
 
 
先日の天月先生のメルマガ、「経済とリンクさせる」という考え方は、とても刺激を受けました。
 
私は、介護している母、娘を通じて、
「福祉」でお金を支給される、だけでなく、こちら側もお金の流れに参加出来る方法はないのかな
と考えていたので、それを勇気を持って書いてみました。
 
 
福祉行政と経済をリンクさせて、お金が回る福祉にするには?
 
1.
・様々な障がいを持った人の、たった1つの、でも、特別な特技と、様々な、細かな「何か」を求めている企業、個人とを、結ぶ会社を行政と連携して作る。
(これは、少しずつ出来てきています。)
 
2.
・高齢者施設と日帰り温泉が、行政と連携して一緒になる。
・入所者が入るお風呂と別に、見舞いに来た人など一般の人が入るお風呂がある。
・入所者でもやる気のある人たちは、タオルをたたむなどの、「仕事」をしてお金を貰うシステムを作る。
・施設の壁、送迎車、車椅子など使えるものは企業の広告となるようにする。(もちろん、センス良く)
 
3.
・働くママ、パパたち(もちろん、専業で子育てをしている家族も含めます)から、夕御飯を作る作業を無くして子供たちとゆっくり過ごして貰う。
→集合住宅とファミレスが一緒になる。
・一階が大きなレストランになって、夕御飯を契約した家族(行政の補助で安くする)が夜ご飯を食べる。
・別のフロアは一般の客。
・ママたちは買い物をすることなく保育園に子供を迎えに行き、子供たちとレストランでご飯を食べる。
・後からパパも食べることが出来る。
・住宅に住んでなくても、申請して受理された人は契約して安く食べられる。
↑これが一番、力が入ります。
 
・「ご飯は手作りシナケレバ子どもに良くない」っていうような神話?は、もう止める。
・パパ、ママが忙しい → 子どもたちがパパ、ママとゆっくり出来ない。
 
これでは本末転倒ですから。
 
 
子どもたちは、日本の、世界の宝。
たっぷりパパ、ママに甘えて、愛情を心深く植えて、スクスク育って欲しい。
そのために、パパ、ママに、すこしでも、「余裕」を持って頂きたい。
 
ずいぶん乱暴な書き方をしてしまいました。
すみません!
 
皆がイメージや想像を、とにかく、話してみる。
それが大事かな、と考え、書いてみました。
みんなで、いろいろ考えて、楽しみながら、やっていけたら良いですね!
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

2018年5月18日 (金)

第381号 「「近道」は自然にできあがる」」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
先日、海外のビジネスプランナー(新しいビジネスをクリエイトする人)の話を聴く機会がありました。
 
その中で、
 
「ビジネスチャンスの見つけ方」
 
という話がありました。
 
面白かったのは、こんな話です。
 
 
 
「徒歩でどこかに行きたいときって、できるだけ近い道を通ろうとしませんか?
そして、そのルートは、そもそも『道』として作られた場所ではないところではないですか?
 
例えば、家から駅に向かう直線状に公園があるとします。
駅に向かう『道』としては、その公園の外周をグルっとまわる道です。
さて、家から駅に向かうのに、公園の外周の道と、公園の中を突っ切るのと、どちらのルートを通る人が多いでしょう?
 
一般的には、「公園の中を突っ切る人」のほうが多いですよね。
 
 
では、役所が
 
「公園の中を通り抜けないように制止する」
 
という政策と
 
「公園の中を歩きやすいように整備する」
 
という政策を掲げた場合、どちらのほうが住民から歓迎されるでしょう?
 
 
消費者は、「自分にとって楽で安くて簡単な方法」を常に探していて、勝手に近道を作るのです。
 
その近道を整備してあげること、そしてその整備した上にビジネスを乗せることが、新しいビジネスを作る「近道」なんです。」
 
 
なるほど~
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 
 
つまり、
 
「消費者の行動をしっかり観察していれば、ビジネスのチャンスが見える」
「新しいビジネスの種は、消費者が自分の手で蒔いている」
「誰がどんな近道を歩いているのかを、見つけよう」
 
ということなんです。
 
 
確かにその通り!
ただし、理屈は分かれども、現実にその種を見つけるのが難しいんですよね~。
 
 
でも、そういう目で世の中を見ていると、
 
「もしかして、これイケるかも?」
 
という妄想が膨らんで、楽しいものです。
((( (・・。)Ξ(。・・) ))) キョロキョロ
 
 
 
ではまた~(* ̄▽ ̄)ノ~~♪
 
 
 
 
 

2018年5月11日 (金)

第380号 「宝くじは、優れた資金調達ツール」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
今日は「ドリームジャンボ宝くじ」の抽選会ですね~。
皆さん、買いました(^^)?
 
 
いまのような形の宝くじができたのは、16世紀のオランダで町の建設や要塞構築などの「資金調達」として発行された記録があるそうです。
 
そうなんですよ、
 
「宝くじ」
 
というのは、資金調達のすごく有効な手段なんです。
(* ̄▽ ̄*)ノ"
 
 
前回、「寄付」ということについて書きましたが、クラウドファウンディングのように何かしらの「利得」が付くことで、何もなしで寄付を募るよりもお金が集まりやすいわけです。
 
その端的なものが宝くじということです。
 
 
宝くじの公式サイトによると、
平成28年度の販売実績額は、8,452億円です。
 
その内訳は
 
・当選金は、3,959億円で販売額の46.8%。
・販売のための費用が、1,038億円で、12.3%
・社会貢献広告費が、107億円で、1.3%
・公共事業の費用が、3,348億円で、39.6%
 
 
これを経営(商売)の損益計算的に考えると、こういうことです。
 
売上:8,452億円
仕入:3,959億円(46.8%)
粗利:4,493億円(53.1%)
一般販売管理費:1,145億円(13.6%)
販売経費:1,038億円
広告宣伝費:107億円
営業利益:3,348億円(39.6%)
 
むちゃくちゃ儲かる商売でしょ!!
 
 
もちろん、この「営業利益」がすべて社会還元されているわけですけどね。
 
 
仮にこれを企業が営利目的でやったとしたら、税金を払ったとしても、
2000億円の「税引き後当期利益」(最終的な儲け)
がでるわけです。
 
だから、宝くじは国以外は法律上やっちゃいけないんですよ(笑)
 
また、宝くじに近いような「景品付き商品」の販売も、景品表示法で規制されています。
 
なぜなら・・・
例えば、スターバックスが
 
「コーヒーに100円足して、1000万円をゲットしよう!」
 
なんてキャンペーンをやったら、バカ売れしちゃうと思いませんか?
 
ちなみに、100円というのは、しょっちゅう販売している「東京都宝くじ」の1枚の値段、その1等が1000万円です。
 
 
 
さて、
 
最終的な収益である3,348億円がどのような公共事業に使われているか、というのが公表されています。
 
H27度はこれです
http://www.takarakuji-official.jp/about/proceeds/001_h27.html
 
見ていただければお分かりのように、確かに社会の役に立つものが多いですよね。
子育て関係の事業も結構あります。
もしかすると、「こういう事業にだったら寄付してもいいな」と思うかもしれません。
 
 
でも、ですよ
 
この3,348億円を集めるには、お金を使える年齢の国民全員から、一人約3,000円を貰わないといけないわけです。
 
「社会事業を推進するために、年間3000円寄付してください」
 
と言われて、しますか(^^)?
 
 
これができてしまうのが「宝くじ」のスゴさなんです。
 
販売額と当選金額を比べていただければわかりますが、
当選金額としては、47%ぐらいなんですよ。
 
つまり、仮にドリームジャンボを10枚(3000円)買ったとしたら、
1500円は確実に胴元の懐に入るわけです。
()( )( ) (  ̄) (  ̄―) ( ̄∇ ̄)ニヤッ
 
残りの1500円だけが、(自分を含めた)購入者に不均等に配布される、というわけです。
 
極端な話ですが、
今回のドリームジャンボの販売予定数1億7000万枚を、ウルトラ大富豪が全部買い占めたとします。
購入金額は、510億円です。
 
当然、1等から末等まで、すべて当たります。
でも、当選金の総額は、約255億円です。
(すべての等の当選金と当選数を掛け合わせれば計算できます)
 
つまり、全部買い占めても、確実に「大赤字」なんです。しかも、半分も(笑)。
絶対に、元は取れません。
(少ない枚数で、高額当選するからこそ、宝くじを買う意味があるんです)
 
 
購入者は、払った額の半分を無意識のうちに「社会貢献事業に寄付」しているわけです。
 
時々、宝くじを買う人を馬鹿にする発言をする人がいますが、
 
「だったら買った人以上に社会事業に寄付しなよ」
 
と言いたくなります(笑)
 
 
 
さて
いろんな「ジャンボくじ」がありますが、なぜジャンボなんだと思います?
 
もちろん、1等の金額が大きい、ということなのですが、それは「当たった」時の倍率がものすごく高い、ということなんです。
 
さっきの東京都くじの場合、1枚(100円)で1等当てたとすると、その倍率は10万倍です。
でも、ドリームジャンボだと、なんと100万倍なんですね~。
 
宝くじ売り場に、よく「本日、一粒万倍日」と書かれていたりしますが、1万倍じゃ、ぜんぜん足らないんですよ(笑)
 
 
 
社会のため、と思って、ぜひ宝くじをたくさん買ってください。
そして、もし高額当選したら、ぜひ慈善団体に寄付をして、さらに社会貢献を(^^)!
 
 
 
ではまた~(* ̄▽ ̄)ノ~~
 
 
 
 
 

2018年5月 4日 (金)

第379号 「経済と結びつけることで社会貢献は動き出す」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です。
 
連休も後半ですね、いかがお過ごしですか~
 
 
いろいろな分野で、社会貢献活動というのがあります。
それ自体は大変素晴らしいことですし、大切な活動だと思っています。
 
でも、どうも(特に日本の場合は)そこには「自己犠牲」というか、「過剰な利他主義」があるように思えます。
 
自己犠牲や利他主義を貫いている人は、人として徳が深いと思います。
ただ、いろいろな理由から、それができる人は限られています。
 
 
皆さん、世界中の貧困者の「数」は知らなくとも、毎日ろくに食事のできない子供が何万人もいて、病気や栄養失調で日々たくさんの命が失われていることは知っていますよね。
 
では、年間、いくらをユニセフ、赤十字、国境なき医師団などに寄付していますか?
仮に、年間に1万円(1日当たり30円)を寄付したとして、皆さんは暮らしていけなくなりますか? そんなことはないですよね。
 
でも、寄付をしていない人のほうが多いのではないかと思います。
もちろん、それが「普通」だと思います(特に日本においては)。
 
 
参考までに、
 
日本ファンドレージング協会「寄付白書2015」によると、日英米3カ国の個人寄付総額(会費を含む)は次の通りです。
(カッコ内は名目GDPに占める割合、1人当たりの額、1人当たりGDP額と順位)。
 
●日本:7409億円    (0.2%、約5,800円、$38,440、25位)
 
●英国:約1兆8100億円(0.6%、約28、000円、$39,735、24位)
 
●米国:約27兆3504億円(1.5%、約84,000円、$59、501、8位)
 
 
 
年間1万円を寄付したって、暮らせなくなるわけではない人がほとんどである日本なのに、
それでも1万円を寄付(=無償供与)することはしないわけです。
 
 
では、お金ではなくて、役務提供での社会貢献なら??
 
あなたは、社会貢献や環境問題に関するボランティア活動に「継続的」に参加したことがありますか?
(町内会主催の清掃活動等、純粋な個人意思ではないものは除きますネ)
 
 
宗教や文化の違いなどがあるものの、「気持ち」の問題だけで、社会貢献活動を行うのは非常に難しいのが現実なんだと思います。
 
 
 
何年か前、中国、特に北京の大気汚染問題が大きく報道されましたね。
 
社会貢献活動という観点から見れば、北京住民が「車を乗る」ことを控えるのも、大きな活動です
(大気汚染のもっとも大きな要因は別ですが、「個人ができること」としては重要な活動です)。
 
それは、自分の利便性を犠牲にして社会に貢献する、ということでもあります。
どれだけの人がそれを実践したんでしょう?
 
 
日本でも1970年代、夏になると光化学スモッグが多発していました。
では、「夏は車に乗るのを控えよう」とした人はどのくらいいますかねぇ。
 
社会貢献になるとしても、自分の利便や利益と反することには、(気持ちは賛成するとしても)実際には参加しないことが多いものです。
 
もちろん、そんなふうに考えない人が増えるほうがよりよい社会になるでしょうが、文化や教育を根本から変えなければなりませんから、時間がかかります。
 
 
すぐに動きを作り出すためには、
 
「経済活動とリンクさせる」
 
ということです。
 
 
 
ダーン・ローズガールデというオランダ人デザイナーが、大気汚染を何とかしたいと思ってユニークな装置を開発することにしました。
( https://wired.jp/special/2017/daan-roosegaarde/ )
 
簡単に言うと、すごくおっきい空気清浄器です。
 
その清浄機が稼働すると、結果としてスモッグの粒子(多くは炭素)が収集されます。
彼は、その装置の開発にかかる費用をクラウドファウンディングで集める際に、
その炭素でできた「指輪」を売るアイデアを実践しました。
(圧力のかけ方によっては人口ダイヤモンドも作れます、と彼は言っています)
( https://www.kickstarter.com/projects/1777606920/the-smog-free-tower?ref=nav_search )
 
おそらく、「装置を作りたいからお金を下さい」だけでは、集めるのは難しかったでしょう。
 
「指輪」
という経済価値のあるものを提供することができたことで、そこには気持ちだけではない
 
「経済活動=購入による物理的な充足」
 
という、お金を出す動機が付加されたことで、お金が集まりやすくなったのだと思います。
2016年には、その装置が実際に北京で稼働しました。
 
 
アメリカのアルバカーキーという人口60万人ほどの市が、路上生活者のためにユニークかつ効果的な対策を実施しています。
 
無料の食事支援や住居支援ではなく
 
「市として、仕事を与える」
 
ということです。
 
もちろん、日雇いが基本ではありますが、時給9ドルです。
物乞い以外に収入がないことを考えれば、大変大きなインパクトです。
当然ながら、市としては支出が大きくなります。
 
 
僕が注目したのは、市がそういう政策を行うことに対して住民をどう説得したか。
 
「哀れな路上生活者の人たちを、皆さんの善意と税金で救済しましょう」
 
ではありません。
 
 
「路上生活者の人が家に住めるようになることで、市の財政は500万ドル節約できます」
(つまり、市民にもっとよい公共サービスができるようになる、ということです)
 
 
 
社会貢献活動は、どんなことでも大切です。
 
でも、それを実際に機能させるようにするには、経済活動が伴うスキームを考えることが大切だなぁ、と思っています。
 
 
 
ではまた(* ̄▽ ̄)ノ~~
 
 
 
 
 

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »