« 第381号 「「近道」は自然にできあがる」」 | トップページ | 第383号 「会社が副業を許可したくない理由」 »

2018年5月25日 (金)

第382号 「日頃気になってた事を書いてみました」

<今回の執筆者:お月見>
  プロフィール:
   http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#otukimi
 
 
 
こんにちは。お元気でお過ごしでしょうか?
お月見です。
 
 
先日の天月先生のメルマガ、「経済とリンクさせる」という考え方は、とても刺激を受けました。
 
私は、介護している母、娘を通じて、
「福祉」でお金を支給される、だけでなく、こちら側もお金の流れに参加出来る方法はないのかな
と考えていたので、それを勇気を持って書いてみました。
 
 
福祉行政と経済をリンクさせて、お金が回る福祉にするには?
 
1.
・様々な障がいを持った人の、たった1つの、でも、特別な特技と、様々な、細かな「何か」を求めている企業、個人とを、結ぶ会社を行政と連携して作る。
(これは、少しずつ出来てきています。)
 
2.
・高齢者施設と日帰り温泉が、行政と連携して一緒になる。
・入所者が入るお風呂と別に、見舞いに来た人など一般の人が入るお風呂がある。
・入所者でもやる気のある人たちは、タオルをたたむなどの、「仕事」をしてお金を貰うシステムを作る。
・施設の壁、送迎車、車椅子など使えるものは企業の広告となるようにする。(もちろん、センス良く)
 
3.
・働くママ、パパたち(もちろん、専業で子育てをしている家族も含めます)から、夕御飯を作る作業を無くして子供たちとゆっくり過ごして貰う。
→集合住宅とファミレスが一緒になる。
・一階が大きなレストランになって、夕御飯を契約した家族(行政の補助で安くする)が夜ご飯を食べる。
・別のフロアは一般の客。
・ママたちは買い物をすることなく保育園に子供を迎えに行き、子供たちとレストランでご飯を食べる。
・後からパパも食べることが出来る。
・住宅に住んでなくても、申請して受理された人は契約して安く食べられる。
↑これが一番、力が入ります。
 
・「ご飯は手作りシナケレバ子どもに良くない」っていうような神話?は、もう止める。
・パパ、ママが忙しい → 子どもたちがパパ、ママとゆっくり出来ない。
 
これでは本末転倒ですから。
 
 
子どもたちは、日本の、世界の宝。
たっぷりパパ、ママに甘えて、愛情を心深く植えて、スクスク育って欲しい。
そのために、パパ、ママに、すこしでも、「余裕」を持って頂きたい。
 
ずいぶん乱暴な書き方をしてしまいました。
すみません!
 
皆がイメージや想像を、とにかく、話してみる。
それが大事かな、と考え、書いてみました。
みんなで、いろいろ考えて、楽しみながら、やっていけたら良いですね!
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

« 第381号 「「近道」は自然にできあがる」」 | トップページ | 第383号 「会社が副業を許可したくない理由」 »

お お月見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第382号 「日頃気になってた事を書いてみました」:

« 第381号 「「近道」は自然にできあがる」」 | トップページ | 第383号 「会社が副業を許可したくない理由」 »