« 第380号 「宝くじは、優れた資金調達ツール」 | トップページ | 第382号 「日頃気になってた事を書いてみました」 »

2018年5月18日 (金)

第381号 「「近道」は自然にできあがる」」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
先日、海外のビジネスプランナー(新しいビジネスをクリエイトする人)の話を聴く機会がありました。
 
その中で、
 
「ビジネスチャンスの見つけ方」
 
という話がありました。
 
面白かったのは、こんな話です。
 
 
 
「徒歩でどこかに行きたいときって、できるだけ近い道を通ろうとしませんか?
そして、そのルートは、そもそも『道』として作られた場所ではないところではないですか?
 
例えば、家から駅に向かう直線状に公園があるとします。
駅に向かう『道』としては、その公園の外周をグルっとまわる道です。
さて、家から駅に向かうのに、公園の外周の道と、公園の中を突っ切るのと、どちらのルートを通る人が多いでしょう?
 
一般的には、「公園の中を突っ切る人」のほうが多いですよね。
 
 
では、役所が
 
「公園の中を通り抜けないように制止する」
 
という政策と
 
「公園の中を歩きやすいように整備する」
 
という政策を掲げた場合、どちらのほうが住民から歓迎されるでしょう?
 
 
消費者は、「自分にとって楽で安くて簡単な方法」を常に探していて、勝手に近道を作るのです。
 
その近道を整備してあげること、そしてその整備した上にビジネスを乗せることが、新しいビジネスを作る「近道」なんです。」
 
 
なるほど~
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 
 
つまり、
 
「消費者の行動をしっかり観察していれば、ビジネスのチャンスが見える」
「新しいビジネスの種は、消費者が自分の手で蒔いている」
「誰がどんな近道を歩いているのかを、見つけよう」
 
ということなんです。
 
 
確かにその通り!
ただし、理屈は分かれども、現実にその種を見つけるのが難しいんですよね~。
 
 
でも、そういう目で世の中を見ていると、
 
「もしかして、これイケるかも?」
 
という妄想が膨らんで、楽しいものです。
((( (・・。)Ξ(。・・) ))) キョロキョロ
 
 
 
ではまた~(* ̄▽ ̄)ノ~~♪
 
 
 
 
 

« 第380号 「宝くじは、優れた資金調達ツール」 | トップページ | 第382号 「日頃気になってた事を書いてみました」 »

あ 天月珠美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第381号 「「近道」は自然にできあがる」」:

« 第380号 「宝くじは、優れた資金調達ツール」 | トップページ | 第382号 「日頃気になってた事を書いてみました」 »