« 第376号 「パソコンが同僚になる日2」 | トップページ | 第377号 「父親と息子はわかり合えるのかなぁ」 »

2018年4月13日 (金)

第376号 「新しいモノを世に送り出す力」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
今度、ある老舗の履物屋さんのお仕事をすることになりました。
 
すべて一品もので、お客様の足に合った履物を職人が丁寧に作り上げます。
メンテナンスをすれば何十年も持ちます。
履物をよく知っている方にとっては、「あこがれ」のブランドです。
 
とはいえ、和服の需要が減ると共に市場が小さくなっている業界であることも事実。
 
 
今の当主は5代目、もうすぐ50歳です。
その彼が、履物を作る技術をベースに、数年前に新しいジャンルの商品を開発しました。
 
いま、それは海外を中心にとても人気の高い商品となっていて、のれんを守る屋台骨に成長しつつあります。
あまり詳しくは書けませんが、これは、まさに昨年評判となったドラマ「陸王」のリアル版!
こういうお店のお手伝いができること、とてもワクワクしています。
 
先日、打ち合わせをしながらいろんなお話を伺ったのですが、
印象的だったのは、
 
「履物は着物の付属品ではないんですよ」
 
という言葉。
なるほど~!目からうろこ!
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 
 
こういう 「囚われない発想」と、
企画力と、
実行力(踏ん張り力)が、
 
新しいモノを世に送り出すんですよね~。
 
 
こんな素敵な方と一緒に仕事ができること、とてもシアワセでとても嬉しく思っています。
 
 
 
ではまた(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪
 
 
 
 
 

« 第376号 「パソコンが同僚になる日2」 | トップページ | 第377号 「父親と息子はわかり合えるのかなぁ」 »

あ 天月珠美」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第376号 「新しいモノを世に送り出す力」:

« 第376号 「パソコンが同僚になる日2」 | トップページ | 第377号 「父親と息子はわかり合えるのかなぁ」 »