« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月30日 (金)

第375号 「愛鳥ぴー助が逝ってしまいました」

<今回の執筆者:お月見>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#otukimi
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#otukimi
 
 
 
こんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか?お月見です。
 
夫は、会社を休職~退職、に向けて現在進行中です。
母のこと、娘のこと・・
 
そんな中で、家族の一員だった、セキセイインコのぴー助が、1月に、突然、死にました。
ペットロスと言うのでしょうが、ただ、ただ、呆然と、なんとか日常を送っています。
 
なんで、こんな気持ちになるんだろう?
整理はつきませんが、前に進むために考えてみました。
 
ぴー助は、私の心の核に触れてました。
 
日々を送るなかで、気づかぬうちに、神経をすり減らし、やっと、1人になって、座り込むと
「待ってました!」
とばかりに、ぴー助は、籠から飛び出して私の肩で歌い、うとうと居眠りする私の鎖骨の辺りでのんびり毛繕いをしてました。
 
この世界に、一人ぼっち、と何故か、激しく孤独を感じる時、ぴー助は、一緒に居てくれました。
 
それは、永遠に続くような
いや、次の瞬間には無くなってしまうことなのだから、
覚悟をしてなきゃ・・
 
と、いつも思ってたのですが。
 
ぴー助は、突然死んだのではなく、寿命だったのだと、解って来ました。
昨年末から、具合が悪くなっていましたが、春になって暖かくなれば、元気になると楽観してました。
でも、実は、かなり老いていたのでした。
 
大きな自然の、目に見えない膨大なパワーと、ちっぽけな私との間に居て繋げてくれていた。
その、架け橋の存在だったぴー助が消えてしまって、
 
 
「自然の存在」は以前より、一層、解るのだけれど、
私とは、切り離されたところで輝いているような・・
なんだか、大自然のパワーに手を離されて、見放されてしまったような、
それで、迷子の子供のような気持ちになってるのかも。
 
という考えになって来ました。
 
ぴー助のからだの重さは、卵1~2個、くらいだったと思います。
 
その、小さいけれど、ずっしりと感じていた重さ、が、
今、私の肩に無いことがとても、とても、寂しいです。
 
でも、あくまでも、これは、私の心の中のこと。
 
 
ヒトとして、大人として、社会人として。
主婦、妻、母、娘、として
懸命に生きて行きます。
 
 
 
聞いて頂き、ほんとうにありがとうございました。
 
 
 
 
 

2018年3月23日 (金)

第374号 「母、手術する」

<今回の執筆者:末永清美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#suenaga_kiyomi
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#suenaga_kiyomi
 
 
 
こんにちは、事務局の末永です。
 
 
2017年2月のある日、朝起きて居間に行くと、母がコタツでコロコロしていました。
いつものことなので、特に気にもせず、お風呂に入り支度をし、また居間へ。
 
すると、母が呼ぶので、「何?」と声をかけると、どうもいつもと様子が違います。
「苦しー、気持ちが悪いー」
 
もともと血圧が高いので、また血圧が上がったんじゃないの~と言いながら、取りあえずお水を飲ませ、
1人にするのはどうかと思ったので、父に電話し事情を話し帰ってきてもらうようにしました。
取りあえず、血圧が上がったのかと思ったので、いつも行っている病院へ連れていくことにしましたが、
私の車は車高が高く乗せにくいので、弟にも帰ってきてもらうことにしました。
 
そうしている間に、少し落ち着いて自分で動けるようになったので大丈夫だと思い、病院へ行くのを見送った後、私は仕事へ行きました。
 
数時間後連絡があり、「今、手術が終わった」。はっ、何?と思い、連絡してみると、なんと心筋梗塞。
心臓の血管が4本狭くなっていたらしいのですが、その中でも一番狭く危険な箇所を緊急で手術したとのこと。
驚きました(゚Д゚*)、今まで大きな病気をしたことがないので、本人が一番驚いたと思います。
数日後、狭くなっている血管2本のカテーテル手術をしました。
深刻ではない血管1本は、今はそのままで大丈夫でしょう、ということで手術はしませんでした。
 
手術の様子を聞くと、脇に穴を開けて器具を入れ、心臓の血管を広げるようです。
全身麻酔ではなく部分麻酔で、一時的に血流を止めるので、意識の確認をしながら行うようです。
なので、身体への負担も少なく2週間程度で退院できました。
 
 
そして、2018年2月、手術しなかった1本のカテーテル手術をしました。
今回は、3日程で退院でした。
 
しかし、今の医療はすごいですね。
心臓の手術というととても大掛かりで、何ヶ月も入院しないといけないイメージがありましたが、手術後すぐに動けるし数日で退院できるし、身体に負担の少ない術式が日々開発されているんですね。
 
 
あの日あの時、私がコタツでコロコロしている母をいつものことだからと思い、そのまま仕事へ行っていたらどうなっていたかと思うと、怖いですね。
いつものことだからと思わず声掛けをするようにする、うちの両親もそういう年齢になったんだなぁと、改めて思いました。
 
 
 
 
 

2018年3月16日 (金)

第373号 「老後は国営の無料施設で暮らす」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
先日、ファイナンシャルプランナーの方と話をしてたら、こんなことを聞きました。
 
「老後に不安を抱えている人は、年々増えています。
私たちよりも若い世代ほど、この比率は高まると思います。」
 
( ̄~ ̄;) ウーン タシカニ・・・
 
 
もしも、
仕事につけなくて収入がなくなったら・・・
 
病気や怪我で動けなくなっても、誰にも面倒を見てもらえなかったら・・・
 
家賃が払えずに、住むところがなくなってしまったら・・・
 
毎日カップラーメンしか食べられなくなってしまったら・・・
 
 
 
一つは生活保護を受ける、という選択肢もありますよね。
 
でも、それで本当に生活できるのか・・・
1人暮らしだったら、だれも自分の病気や怪我に気づいてくれないのではないか・・・
 
 
お金が十分にあれば、施設に入居することもできますが、数千万円の費用が掛かります。
 
 
でも、
 
国が運営する、寝泊りできて、三食付いてて、衣料も整っていて、しかも無料だし、必ず入れる施設があるとしたら、どうでしょう?
 
あるんですよ。
(= ̄∇ ̄=)
 
もちろん、そんな恵まれたところ、それなりの制限があります。
(ちなみに、仕事も用意されていて、少しですがお給料をもらえます(^^) )
 
たとえば、
 
外出はできないとか(アメリカは条件によって外出できる施設があります)
食事は選べないとか
ゆっくり風呂はには入れないとか
娯楽はかなり限られているとか
共同生活をしなくてはならないとか(場合によっては個室で過ごせますが)
施設の外の人とは、なかなか自由に話せないとか
 
 
でも、生きるか死ぬかの生活レベルだったら、そんなこと気にならないかもしれないし、
高齢になっていれば、そもそもあまり外出とかはしなくてもいいと思うかもしれないし。
 
 
ここ、どこだかもうわかりましたよね。
 
「刑務所」
 
です。
 
 
実刑になるような犯罪を犯せば、ほぼ確実に入所(いや「入居」という言い方がよいかもしれません)できます。
 
 
現実に、日本でも、冬になると犯罪を犯して入居する高齢者が増えてきているそうです。
 
そして、刑務所は、バリアフリーや医療の充実など、「高齢者に優しい施設化」が進んでいます。
ますます、入居希望者が増えるんじゃないかと思います。
 
何よりも、公営住宅など競争率の激しい賃貸物件との一番大きな違いは、
それなりの犯罪を犯せば、「確実に入居できる」
という点です。
 
極端な話し、「絶対に入りたいから」という理由で殺人を犯せば、どんなに刑務所が一杯だとしても、どこかに拘束されますよね。一般社会で暮らさせることはしないですよね。
 
「刑務所に入りたいから重犯罪を犯す」
という老人(に限らずですが)が増えたら、治安はボロボロです。
 
 
この先、恐らくは生活保護の対象が狭まったり、保護の内容が薄くなったりすることでしょう。
 
そうすると、高齢者に限らず、「生活の場を確保する」という動機で犯罪を犯す人が増える可能性は高まるのではないかと思います。
 
これ、結構大きな問題です。
そして、解決するには、ジレンマがありすぎる問題でもあります。
 
どうしたものかなぁ
( ̄~ ̄;) ウーン
 
 
ではまた~!
 
 
 
 
 

2018年3月 9日 (金)

第372号 「パソコンが同僚になる時代」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
あるところから「働き方改革」の推進についてのアドバイスを依頼されています
 
推進していくに当たっては、労働環境や人事制度の整備もさることながら、ITの活用は重要な要素です。
 
RPAって、聞いたことありますか(・o・)?
 
Robotic Process Automation の略なのですが、簡単に言うと、ホワイトカラーの仕事を自動化、もしくは半自動化する、という技術や製品群のことです。
 
これまでも、グループウェアやSFA(Sales Force Automation)など、ホワイトカラーの仕事を肩代わりするツールはありましたが、RPAのオモシロいところは、
 
「人間が行なう『PCの操作』を真似する」
 
ということです。
 
 
例を挙げてみましょう
 
いま、このメルマガは、LPS事務局の田中が、パソコンでまぐまぐの設定画面を開いて、配信予約の処理をしています。
 
仮に、これをグループウェアで支援するとした場合、次のことをグループウェアが行なうことになります。
 
1.末永に原稿提出依頼のメールを送るよう指示
2.原稿受領の確認をするよう指示
3.まぐまぐの設定期限を通知
4.上記作業の実行履歴や進捗状況を表示
 
つまり、グループウェアは
 
「これ、やってね~。やったら、記録してね~」
 
という事までしかできません。
 
 
これに対し、RPAは、田中の作業の真似をして(パソコンの操作を手本に作業を覚えて)、1~4の途中で行なうような
 
・末永への依頼メールを書き、送信する
・まぐまぐでの、配信操作を行なう
 
ということまでやります。
(AI部分の機能が高まれば、メルマガのヘッダー部分のコメントも田中に代わってAIが書くようになります)
 
もちろん、イレギュラーなケースがありますから、それについては人間が対応しなければなりませんが、定型的な作業であれば、RPAでできてしまいます。
 
RPAはまだ歴史が浅いので、機能面でも費用面でも一般の企業が導入するにはもう少し時間が必要だとは思いますが、それでも、そこそこのことはできますし、費用も年間数百万円程度です。
 
「数百万円って、高いじゃん!」
 
と感じるかもしれませんが、額面20万円の給料を払っているとしたら、社会保険料などを含めた「人件費」は年間約300万円ですからね~。
 
RPAは、ミスを犯すこともありますが、設定を修正すれば同じ間違えは繰り返しません。
有休もいらないですし、残業代もいりません。指示を確実に守り、文句も言わず、メンタルダウンすることもなく、24時間365日働きます。
 
そう考えると、決して高くはないのです。
 
今後は、RPAにもAIがどんどん入っていきますから、やれる仕事の幅は増えてくるのは確実です。
 
自分の隣の席が、人間の同僚ではなく「パソコンとRPA」、という時代もやってくるでしょうね。
ってことは、自分の席がなくなるかも、ってことですよね。
Σ(; ̄□ ̄A アセアセ
 
人間が機械に負けないようにするには、自分自身をドンドン進化させないと・・・
(つまり、これが「働き方改革」の本質でもあるのですが)
 
 
 
ではまた~ ヾ( ̄◇ ̄)ノ))
 
 
 
 
 

2018年3月 2日 (金)

第370号 「働き方革命の抱える矛盾」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
ある生命保険会社さんから、「働き方革命についての記事を書いて欲しい」ということで、今執筆しています。
φ(◎。◎‐)セッセセッセ
 
 
以前、このLPS通信にも書いたように、働き方改革とは
 
1.「残業にならないように効率よく働きなさい」
2.「働ける人はみんな働きなさい」
3.「働けるなら、稼働率を上げなさい」
 
ということなんですが、そのムチを包むオブラートの一つとして
 
「長期休暇取得の容易性向上」
 
というのがあります。
 
つまり、長期休暇を取りやすくするってことですね。
 
もちろん、有給を使って1~2週間の休みを取るというのもこれに含まれるのですが、
政府としては、少子化を抑えたい意向があり、
 
「育児休暇の取得率向上」
 
を狙っています。
 
 
となると、数ヶ月の休みです。
 
 
もちろん、僕はこれにネガティブなわけではないのですが、実は非常に大きな矛盾を抱えています。
 
 
つまり、
 
・個人やチームの生産性が上がれば、育児休暇が取りやすくなる

・誰か(仮にAさん)が育児休暇を取る

・始めのうちは、Aさんの仕事を分担するのでチームメンバーの負担が大きくなる

・そのうち、さまざまな生産性向上策が成果を出し始め、メンバーの負担が減る

・Aさんがいなくても、普通に仕事が回るようになる

・さて、Aさんが育休から復帰したのはいいが、Aさんがやっていた仕事はすでにAさんがいなくてもまわるようになっている。なので、別の仕事やレベルの低い仕事に回される。

・Aさんモチベーションが下がったりメンタル不全に陥り、退職や休職・・・
 
 
ということになりかねないのです。
実際、これに近いケースがすでに多くあります。
 
大企業なら、「別の仕事」というのもいろいろあるでしょうが、中小企業はなかなかそうは行きません。
 
 
当たり前のことですが
 
「生産性が上がれば、人手は少なくて済む。会社としては営業利益を出しやすくなる。」
 
というわけです。
ですから、会社としては当然ながら生産性向上には積極的になります。
 
そこのところをクリアしないと、(復職できないリスクが高くて)育児休暇の取得率は上がらないだろうなぁ、と思っています。
 
 
ちなみに、この育休を取る人がやっている仕事が、「その人だけで行なっていた仕事」であれば、復職したときに
 
「ああ~、もどってきてくれて助かった」
 
ということになるので(=その人は元の仕事に戻れる)、こういう問題は発生しにくいという傾向があります。
 
 
そうそう、
 
いま僕が通っている歯医者さんは、先生が何人もいるクリニックなのですが、いま、そこで1人で受付の仕事をしている女性が、10年間勤続のご褒美として1ヶ月の休暇取得中です。
w( ̄△ ̄;)wおおっ!
 
なので、受付や会計は、先生や歯科衛生士の方が交代交代やっています(^。^;)
(慣れない仕事で、皆大変そう)
 
きっとここは、「早く戻ってきてくれないかな」と皆思っているはずです(^-^;
 
 
 
ではまた~ヾ( ̄◇ ̄)ノ))
 
 
 
 
 

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »