« 第312号 「ダイエット」 | トップページ | 第314号 「パラリンピックの別の意味」 »

2016年12月16日 (金)

第313号 「情けない自分を考えてみました。」

<今回の執筆者:お月見>
  プロフィール:
  携帯: http://http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#otukimi
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#otukimi
 
 
 
こんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか?お月見です。
 
 
 
今回は、
 
「主婦で週2日程の仕事を続けてきた私が、60才を前にして凡ミスを連発することの考察」
 
としました。
 
根本要因は私の気質、プラス「老い」ではないか?と考えました。
 
 
まず何があったかと言うと
 
・ミスしたのに謝らない。自分では「言い訳」と思ってない言葉を繰り返し、「謝る」ことに気がつかない。→ 客観的になれない。
 
・同じ間違いを繰り返す。
→ 覚えられない。覚えても忘れる。思い出せない。
 
・臨機応変が出来ない。
→ 自分の体内時計を「家庭時間」から「仕事時間」に切り換えてない。
 
・・・
 
 
頭の回転や身体の動きなどの「老い」は、突然やってくるものではなくて、気をつけてないと自分で気が付きにくい。
 
一番気づかないのは
 
「心の老い」 → 素直でなくなること。
 
ではないでしょうか?
 
 
何かが起こった時、人は、自分の経験の中から「正解」を見つけますが、
 
「年を取る = 経験豊富=正解を知っている」
 
と勘違いしてしまうと、
 
「もしかしたら、他にも正解はあるかも」
 
とは考えられない。
 
何故なら、自分には経験があり、正解はその中にある。
と脳が思い込んでいるから。
 
経験の豊富さが素直になるのを邪魔してる、ような。
 
 
で、私は、
とにかく、声に出して何度も繰り返す、
ことにしました。
 
「私はミスしたら、まず、謝ります。」
 
「私は体内時計を仕事時間に切り換えます」
 
声に出す、それを繰り返す、は固まった脳に、懸命に呼び掛ける、私の心、です。
 
 
昔、20代の頃、アルバイト先で50代の女性が自分のミスを謝りもせず、クドクドと言い訳を繰り返す姿を
(みっともないなあ~)って見てたのに・・・
 
 
 
今、自分が、そう思われてると、とても恥ずかしいのです。
でも、恥ずかしくても、カッコ悪くても、頑張って生きよう!
と思っています。
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

« 第312号 「ダイエット」 | トップページ | 第314号 「パラリンピックの別の意味」 »

お お月見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1504521/69168197

この記事へのトラックバック一覧です: 第313号 「情けない自分を考えてみました。」:

« 第312号 「ダイエット」 | トップページ | 第314号 「パラリンピックの別の意味」 »