« 第311号 「Google Keepを使ってます」 | トップページ | 第313号 「情けない自分を考えてみました。」 »

2016年12月 9日 (金)

第312号 「ダイエット」

<今回の執筆者:優月 薫>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#yutuki_kaori
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#yutuki_kaori
 
 
 
こんにちは、優月です。
 
 
ダイエットとは英語のdiet
語源はギリシャ語diaita「生き方」、生活を導くなどの意味がありますが、
ラテン語ではdiaeta、中世ラテン語のdieta、
つまり日々の仕事や食事の許容(量)なのです。
 
体質熱量によって皆様々な量で、自分に必要な量を知るというのがダイエット、
そんなイメージが、私の考えるダイエットです。
 
 
かれこれ15年になりますが、当時ダイエットのクラスをいくつか受け持っていました。
もちろん大きい方から私より細い方まで様々で、なぜダイエットのクラスを受けたいのかを質問すると、
 
「病院でやせなさいといわれた。」
 
が大きい方。
 
「どうも自分の姿が気に入らない。」
 
が細い方の返答に多い内容でした。
 
 
自分を知る・・・とダイエットは必要なくなるというのが私の考えなんですが、
どういうことかと言うと、
肉体の太さは各人の体形、つまり骨格にもよるので、大きく見えてもやせる必要のない人もいるわけですから
他人に言われて気づくのではなく自分で自分を感じ、自分がどうかを知る。
適切な肉付きと代謝があれば気にする必要はないわけです。
 
でも「やせたい・・・」というとき
どうすればよいか・・・それは
 
 
ダイエット経験がある人、ない人いらっしゃると思いますが、
生まれ持った体質によって太りやすい、太りにくいもあります。
ですからすべての人が同じようにはいきませんが、大いなる効果を発揮するのが、
ヨガのポーズでもあるような背伸びをする動きです。
 
日本では立ち木のポーズ??でしょうか
立ったまま腕を上に上げてクロスさせたり、合掌させたり、ぐんと背伸びをする感じ。
 
このポーズがダイエットには効果を発揮します。
 
本当にあなたは痩せなくてはなりませんか?
だとしたらどんな体形になりたいですか?
 
まずはそれが一番大切で、イメージしてみてください。
 
それがイメージできると自分の生活が変化します。
それが一番のダイエットだと思うのです。
食べ物を食べないダイエットは、基礎代謝を落とすので、無駄な努力になります。
 
 
私は中学3年の時に、10キロのダイエットをしたことがありました。
その後、その体重はほぼ変化なく今も同じです。
中学の時パイナップルだけでダイエットしたのですが、胃が悪くなるし、舌は痛くなるし・・・大変でした。
10キロ落とすまではと、苦しい日々(笑)
メンス(生理)は1年ほどなくなりました。
 
 
 
経験したから、自分をコントロールすることが一番ラクなのだと感じています。
食事制限は苦しいですよね。
いつ死ぬかわからないのが人生ならば、美味しいと思えるものを、大切にいとおしみながら頂く食事を選べるようにしていける生活をしていきたいと思いませんか。
 
 
 
 
 

« 第311号 「Google Keepを使ってます」 | トップページ | 第313号 「情けない自分を考えてみました。」 »

ゆ 優月薫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1504521/69168160

この記事へのトラックバック一覧です: 第312号 「ダイエット」:

« 第311号 「Google Keepを使ってます」 | トップページ | 第313号 「情けない自分を考えてみました。」 »