« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月25日 (金)

第310号 「AIはいつになったら会話ができるか?」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です(^^)
 
 
 
AIやロボットの進化は相変わらず目覚ましいのですが、「会話ができる」ことでメディアに紹介されたりすることがあります。
 
たとえば、ソフトバンクの「Pepper」とか、Docomoの「りんな」とか。iPhoneの「Siri」などもそうですね。
 
でも、あれは会話ではありません、「問答」です(^^)
 
確かに、話しかけたり質問をしたりすれば答えてくれますが、やり取りとして続かないのです。
 
 
会話とは、例えば
 
天月「末永さん、この間のメルマガの後、誰かから反応があった?」
末永「メルマガってなんでしたっけ?」
天月「ほら、ダイエットのやつだよ」
末永「ああ、あれですね、いや~、やっぱりみんな食べるなと言います」
 
という具合に、前の話や、話しに出てこない情報をもとにやり取りをするものです。
 
 
ちなみに、「りんなだと」こうなります(いろんなパターンがありますが)
 
A「りんな、この間のメルマガの後、誰かから反応があった?」
R「そうらしいよね!なんだろ~( ´艸`)」
A「ほら、ダイエットのやつだよ」
R「そんなことない!絶対にデブじゃない!痩せるもん!」
 
(-_-;ウーン
 
 
Siriだと・・・
 
A「この間のメルマガの後、誰かから反応があった?」
S「すみません、よくわかりません」
A「ほら、ダイエットのやつだよ」
S「ダイエットに関する情報が見つかりました」
 
( ̄~ ̄;) ウーン
 
 
ところが、今日新聞を読んでいたら、近畿日本ツーリストが訪日外人客向けにチャットで宿泊施設の案内をするサービスを2017年2月から開始するという記事を見つけました。
 
これがどれだけのレベルの会話ができるものか、とても興味深いのですが、もし前後の関係をちゃんと認識して、例えば「そのホテルはさっきは嫌だと言ってましたよ」というような反応ができたら、すごいことです。
w(゜o゜)w オオー!
 
 
 
会話のできるAI製品ができたら、買ってみたいなぁと思っています。
こんな僕でも仲良くなれるかなぁ(笑)
 
 
 
 
ではまた (⌒ー⌒)ノ~~~
 
 
 
 
 

2016年11月18日 (金)

第309号 「仕事がデキル人とデキナイ人の違い」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#amatuki_tamami
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami
 
 
 
こんにちは、天月珠美です。
 
 
これまで、コンサルタントとしていろいろなプロジェクトに関わってきていますが、
仕事が「デキル人」と、「デキナイ人」というのが、明確に分かれます。
面白いことに、その中間の人ってあんまりいないんですよね。
で、やっぱりデキル人のほうが圧倒的に少ない。
 
そんなわけで、常に「デキル人とデキナイ人の大きな違いってなんだろう」と考えているんですが、明確に差があるのは、つぎの点です。
 
 
<仕事に対して>
■デキル人
・行動したことよりも結果にコミットしている
→ 「どういうことをやったか」ではなく「求められている結果を出したか」を大切にする。
→ 「何を作り出すべきか」にフォーカスしているので、指示や情報が不足していても自分で補う
 
■デキナイ人
・結果はともかく「行動」したことに自分で○を付ける
→ 「自分、がんばりました、やりました。だから問題ないでしょ」という思考。
→ 結果よりも行動にフォーカスしているので、結果を出すのに、すべてを指示しないとできない(しかもその指示を無視することが多い)
 
 
<報酬に対して>
■デキル人
・アウトプット(結果)ありき
→ 作り出した結果の品質と納期に対して報酬が得られる、という思考。
 
■デキナイ人
・インプット(報酬)ありき
→ 行動した量や大変さに対して報酬が得られる、そもそも、報酬を確約しないと仕事をしない。
 
 
 
それから、能力の面ではやはり判断力・決断力・行動力・責任感というのが大きく違っています。
 
ちなみに、ある人が、仕事がデキルかデキナイかを見極める簡単な方法があります。
それは、その人が運転する車に乗せてもらうこと。
 
車の運転は、
 
・状況を判断し(判断力)、
・最適な選択をしそれを「やる」と決めて(決断力)、
・車をその通りに操作する(行動力)。
・そして、目的地に時間までに安全に到着する(責任感)
 
という要素が含まれています。
 
 
仕事ができない人の運転は
アクセルワークの無駄が多いし、ブレーキのタイミングもまちまち、そして車線変更が苦手です。
だから、乗り心地が悪いし、乗っていてイライラします(笑)。
一言でいうと、キビキビしてないんですよね~
 
 
そういう人の多くは、こんなことをよく言います。
 
「だって、頻繁に車線を変えたり追い越ししたりしても、到着時間はそれほど変わらないじゃないですか」
 
はい、確かにその通りです。
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・
 
 
でも、
 
「キビキビした運転ができるが、あえてしない」というのと
「キビキビした運転ができない=だからやれない」
 
というのは大きく違う、ということがわかっていません。
( ̄へ ̄|||) ウーム
 
さらに、仕事ができない人ほど、交通ルールをよく破ります(^^;
信号を守らない(ちゃんと見ていない)、
曲がってはいけないところを曲がってしまう(判断と行動が車のスピードに追い付かない)、
などなど、、、
 
ルールを守らないわけじゃないですが、せっかくナビがあるのに、よく道を間違える。
そして、そのリカバリーに時間がかかる、というのも共通しています。
(指示をちゃんと聞いていない、指示より自分の判断を優先し間違える、最適な代替策をすぐに見つけられない)
 
 
これ、そのまま仕事に当てはまりますよね
(; ̄― ̄A アセアセ・・・
 
 
逆に言うと、車の運転が上手なひとは、仕事もバッチリなことがほとんどです。
 
 
ためしに、自分と一緒に仕事をしている人に当てはめてみてください。
結構、面白いですよ~
 
 
 
ではまた(* ̄▽ ̄)ノ~~
 
 
 
 
 

2016年11月11日 (金)

第308号 「ダイエット」

<今回の執筆者:末永清美>
  プロフィール:
  携帯: http://www.stageup.co.jp/lps/i/i_mail_magazine.html#suenaga_kiyomi
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#suenaga_kiyomi
 
 
 
こんにちは、事務局の末永です。
 
 
 
しばらくキープしていたのですが、ここ最近また横に大きくなってしまいまして・・・
つまり、「太った」ということなのですが
 
太ったり痩せたりを繰り返しているので、よくはないなぁ~と思うのですが、どうもずっと痩せている状態をキープできないのです!
 
何か良い方法はないものか・・・
 
天月には、「食べないこと」とよく言われています・・・(・∀・i)タラー・・・
 
 
 
基礎代謝が低下すると、痩せにくくなることは知られています。
低下する原因はなんだろうか?
 
■基礎代謝を低下させてしまう5つの習慣
1.睡眠不足
2.鉄分の不足
3.入浴はシャワーで済ませている
4.過度な食事制限
5.同じ体勢でじっとしている
 
私は、5つのうち3つが当てはまります。
「1.睡眠不足」「3.入浴はシャワーで済ませている」「5.同じ体勢でじっとしている」
です。
「5.同じ体勢でじっとしている」は、確かにPC作業が主なので、ずっと座りっぱなしで同じ体勢が多いです。
座っている時に、背筋を伸ばしているとカロリー消費量が1.5倍にもなるそうです。
これからは、姿勢を意識してみようと思います。
 
じゃ、基礎代謝を上げるにはどうしたらいいのだろう?
と思い調べてみたところ、『手っ取り早く「基礎代謝」を上げる方法5つ』というのを見つけました。
 
■手っ取り早く「基礎代謝」を上げる方法5つ
1:噛みごたえのある食べ物を食べる
2:脂肪分の少ないたんぱく質を摂る
3:食事“前”に短いエクササイズ
4:緑茶や水を飲む
5:定期的に休憩する
 
 
ということで、上記を意識しまずは、エクササイズになるかなぁと、通勤時と帰宅時に以前もやっていた「歩く」をやり始めました。
 
一駅前で降りて歩いてみたり、早歩きをしてみたり、遠回りをしてみたりと、いろいろやってみています。
すこ~し落ちてはきていて効果はあるので、この調子でせっせと歩き続けていきたいと思います。
 
 
 
何かもっと手っ取り早い良い方法がありましたら、教えてくださいね!
 
 
 
 
 

2016年11月 4日 (金)

第307号 「人生で一番きれいだった日」

<今回の執筆者:お月見>
  プロフィール:
  携帯: http://http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#otukimi
  PC: http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#otukimi
 
 
 
こんにちは。
お元気でお過ごしでしょうか?お月見です。
 
 
 
先日、メールだけでやり取りしていた女性の方と、初めて会うことが出来ました。
 
その方は、メールだけのやり取りでも、全てが美しい、と感じられる方でとても会いたいけど、
会ったら私の醜い部分が浮かび上がるのでは?・・
と、少し、怖くもあったのです。
でも、そんな思いは実際会ったら消えてしまいました。
 
 
 
秋の1日、海風の渡る屋外で、ずっと歩いて、ずっと、話していました。
今、思い出しても、57年の人生で、一番綺麗な1日だった・・と胸が熱くなります。
 
 
40才の頃、私は、私の人生は、まあ、こんなものなんだろうなあ~と考えていました。
結婚して、子供もいて、贅沢しなければ生活にも困らない・・それなりに友人もいる・・
しかし、心の奥では、魂の震えるような「友」に出逢いたい・・と願っていました。
 
その後、嫁姑問題、母娘問題、と、本気で向き合わなければならないことが起こり(人生は甘くなかった!)私は、心を入れ換え、真摯に取り組みました。
その延長線上に、その方との出逢いがあったと感じています。
その方こそ、幼い頃から、人生を真摯に生きてきたのでした。
私は、人生の後半ですが真摯に生き直すことが出来ました。
 
 
 
今、していることが未来に続いていると実感しています。
これからも、「今」を丁寧に過ごします。
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »