2020年8月28日 (金)

第484号 「かわいい子には、なぜ旅をさせるのか?」

<今回の執筆者:>
  プロフィール:天月珠美
   http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami

 


こんにちは、天月珠美です(^^)


今年はコロナの関係で、夏の旅行ができなかった方も多いのではないかと思います。

『「旅」というのは、人間の成長に欠かせないものだ』
という話をある本で読んで、確かにそうだと思いました。

で、じゃ、なぜ旅をすると成長するのか、ということを考えてみました。

「旅は『非日常』が楽しみ」

というような話もよく聞きますよね。
そこで、いったい何が「非日常」なのかを詳しく見ると、成長との関係が見えてくるのではないかと思いました。

で、僕の一人旅の経験から、ピックアップしてみました。

<日常 → 非日常>
・confotable → unconfotable(落ち着かない)
・safe → danger(危険)
・controllable → uncontrollable(制御できない)
・well known → unknown(知らない)
・expectable → unexpectable(予期できない)
・communicatable → uncommunicable(意思疎通できない)
・protected → unprotected(守られていない)
・not alone → alone(頼る人がいない)
・common sense → insane(自分の常識とは異なる)
・familiar → unfamiliar(不慣れ)

こうやって見てみると、旅に出ることで右側の事項を、自力で乗り越えられる力が付くわけで、たしかに、これは人間を成長させますねぇ。
(もちろん、いろんなことが準備されているツアーとかではダメですが)

かわいい子(子供っぽい大人もですね)には、ぜひ旅に出てもらいたいものです。

でも、もしかすると「寅さん」のように、どこに行っても自分のやり方を通す人だと、成長はしないのかな、なんて思ったりもしましたが(笑)

 

ではまた~(* ̄▽ ̄)ノ~~♪

 

2019年3月29日 (金)

第425号 「「ものづくり」のストーリー」

<今回の執筆者:優月 薫>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#yutuki_kaori

 

 

メルマガの第407号『自分のオリジナルを表現すること』
を書いていますが、今日はその補足を書いていきます。


そもそもこの書いた内容の発端は、シンガポールに卸している私のオリジナル商品を販売していただくためのオンラインミーティングからでした。
その中で商品に関する知識と共に、その商品のストーリーを販売する人たちに伝授して欲しいということになったのです。

私のオリジナル商品とは、氣を高めるグッズとしてのものであり、アクセサリーではあるのですが、目的は飾りだけではないということで、商品をつくっていました。

シンガポールという国の特徴から考えると、多民族の国であるがゆえに、宗教観も様々で、タイなどのように「祈る」みたいなことをする人が少なく、「悩まない」のがシンガポール人だと思っているような民族が集まっているようで、その人たちが、私の商品に興味を持ってくださったことはありがたいことでした。

そして、
そんな「祈り」のほとんどない国の人に販売していただくためのプチセミナーが、
前に書いた

『自分のオリジナルを表現すること』

の内容でした。


私たち日本人は、八百万の神様に囲まれ、仏教もあり、キリスト教もありの中で、何処へ行っても「祈る」「祈願する」みたいなことをします。
そんな中で私自身も育ち、「祈る」こと「感謝する」ことを、小さなときから実行してきたわけです。
私の姉に、お守りをつくってみたりしていた幼少期もありました(笑)

すべてが「願い」があったからやってきたことで、叶えば「感謝」の繰り返しでした。

ところが、9歳の時にヨガに出合い、祈りという概念が随分変りました。
天地に祈る、自分自身や他人にも神聖を感じ、感謝することもヨガであると学ぶと、祈りはもっと日常的なことになりました。

そんな9歳からの「祈り」の習慣が、シンガポールに卸す商品のものづくりの根本でした。


人は「もの」に興味は持つかもしれませんが、そのものよりも、ストーリーを大切にするのだなと感じた体験をシンガポールの方々から感じたわけです。

そして、ちょっと偉そうに(笑)商品販売のためのセミナーをオンラインで開催しています。

間もなく、シンガポールでの商品販売は終了しますが、勇気を持ってシンガポールで営業したお陰でできた御縁でした。

自分を売り込むことに関しては、私は素人ですし、そんな勉強もしていないし、煌びやかな人間でもないので、ほんとうに自然のままの私で縁を育んだわけです。

しかし、今思えば、それまでの自分では引っ込み思案でできなかったことを「やる」と決めて自分を自分自身で創造したからこそできた縁だと思っています。


結局の自分のオリジナルとは、自分の「思うがまま」に創造することなのかもしれませんよね。

親や学校、先生たちに影響されてできた大人の今の自分が、決して自分のオリジナルなわけではないのですから、自分は自分で創造していくことで、オリジナルができるのです。
だから、どんな自分の未来も自分自身が願えば、そのようになっていけるはずなのです。

ものづくりと同じで、自分を創ることもできる、そのための自分の未来のストーリーを創造するのが、「夢」を描くということになるのかな・・・

 


私も、また新しい自分創造を続けます!!
人もものも創造ストーリーで、自由自在に創っていけるのですからね!

 

2019年3月22日 (金)

第424号 「マインドの力で自然治癒力を引き出す」

<今回の執筆者:優月 薫>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#yutuki_kaori

 

 

こんにちは 優月です。


今日は誰もが病気などを治癒させることができる
「自然治癒力」という人が生まれときから
備わっている力について。

 


心と体は密接につながっているということは
既にご存知でしょう。
心が原因で体に症状がでますよね。
でも人は心ではなく、体を治療しようと(正そう)とします。

本来なら心を調えたら自然治癒力を発揮できるのにです・・・。


自然に治癒させる力は、心のあり方と連動しているので、
いつも明るく、前向きに笑顔でいることが、
治癒力の向上にはもちろん役立ちます。

しかしです・・・この明るい笑顔とは、表面上でできていても、
我に変えると逆に心が沈んでいたりすることってありますよね。


つまり、自然治癒力を高めるには、心(マインド)の
あり方が重要ということになるのですが、

この、心(マインド)のあり方・・・
落とし穴があります(笑)
それは思考を変えようと頑張ってしまうこと。

人の思考とは、マインドを邪魔するものになったりするのです。

「思考」とは自分で考えたり、
知識で答えを探そうとするために、
本来の過去を見たり感じたりするときの
妨げになります。

ではどうやって思考に邪魔をさせないようにするかは、
心を落ち着かせて、深い呼吸をしながら自分の魂の声を聞く
時間をもつことが有効になります。


瞑想をする静かな時間と同じように、魂の声を聞くことです。

思考や経験、知識や誰かの声や評価は
常に自分の思考をゆれ動かします。

そんな声に従うとマインドのあり方が、
本来の魂の声とは違ってしまって、
周りに振り回され、創りあげられた自分に
なりがちです。

そんな自分を調えるため、
魂の声を聞く時間というのが役立ちます

つまり私たちは、意識のあり方で治す力、
癒やす力が発揮できるようになるのです。


人間の不調は、体の持つ自然の力で
正すことができるのだと理解できると、
薬に頼らす、自分自身の力で回復させ
癒すことができるようになります。


だれもが持つ癒やす力が自然治癒力なのですね~

しかし、言葉では理解しても、
なかなかできないのが現実だったりしますから
まずは、意識して自然治癒力を高めること
をしてみることですよね!!

どんな自分も受け入れて、思考に邪魔されないこと。

魂の帰依とはどんな自分も受け入れた声なのですからね!

 

2019年3月15日 (金)

第423号 「配偶者長期居住権って、知ってますか(・o・)?」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami

 

 

こんにちは、天月珠美です(^^♪


今年は、

「相続に関する民法が大幅に変わる」

という話を聞いたことがあるかもしれません。

今回は、そのうちのひとつである、

「配偶者長期居住権」

について、お話しします。


これについての施行は2020年の4月なのですが、かなり多くの方に関係のあることなので、人生に必要な知識として知っておいてほしいと思います。
(こういう勉強を義務教育でやってほしいなぁ、と思うんですよね~)


いくつか数字がでてくるのでちょっとややこしく感じるかもしれませんが、実は簡単な話なので、じっくり読んでみてください(^^)


分かりやすくするために、次のような親族構成を事例にしてお話しします。

-----------------------------------------------
父、母、一人息子(妻と子二人)

父の財産は、合計7000万円
<内訳>
・自宅 5000万円
・現金2000万円

その他、母が受け取る1600万円の生命保険
(生命保険は受取人固有の財産なので、他の相続人と分ける必要はありません)
-----------------------------------------------


ある日、残念ながらお父さんが亡くなりました。
法定での遺産分割はこのようになります。

================
遺産は前述の通り7000万円
法定相続分は次の通り
・母 :1 / 2  3500万円
・息子:1 / 2  3500万円
================

さて、
息子は、すでに家族との家がありますから住むところは困りませんが、
お母さんは、(お父さん名義の)家しか住むところがありません。
もちろん、家族の思い出がつまった家ですし、高齢でもありますから、どこかに引っ越すことは望んでいません。

ですから、お母さんにとっては、家を相続することがベストなわけです。

そうなると、
お母さんの相続分は「5000万円」になってしまい、
法廷相続分を「1500万円越えて」しまいます。

ただし、息子が「それでいいよ」と言えば(遺産分割競技が成立したことになるので)、お母さんは家をもらうことができます。


しかしながら、息子の奥さんが

「あなた、そんなお人好しでどうするのよ。うちは二人の子供をこれから大学まで出さなくちゃいけないのよ。家をあげるなら、差額の1500万円をちゃんともらってくださいね」

と、息子(夫)に強く意見するわけです(^^;

ちなみに、息子の妻は法廷相続人ではありませんから、何を言おうとあくまでも「他人の戯言」ですので、聞き流したって法律上問題はありません。

ただ、息子は「妻の言い分もごもっとも」と思い、お母さんに

・家はあげる
・その代わり1500万円(代償金)をください
(たしか、お父さんの生命保険が1600万円入るよね)

と話お願いしました。

さあ、お母さんは大変です。
この案だと、家には住み続けられますが、代償金を払ったら100万円のお金しか残りません。
(仮に息子が訴えたら、裁判所は代償金1500万円の支払い命令をお母さんに必ず出します)

年金はありますが、100万円の貯金では、非常に不安です。

しかし、息子の要求を跳ねたら、お金は入りますが、引っ越さなければなりません。
不動産を購入するとなると、高齢者は騙される可能性も高いですし、賃貸に入居したくても高齢者の独り暮らしは入居が困難です。

そこで、役に立つのが今回できた

「配偶者長期居住権」

です。

ちなみに「短期~」というのもありますが、これは

「配偶者の引っ越し先が見つかるまでの間」

という背景ですので、今回は脇においておきます。


さて、この配偶者長期居住権ですが、どういうことかというと(ポイントだけ言うと)

・「所有権」(財産として家を持つ権利)は「ない」
・無償で死ぬまで「住み続ける権利」である。

という権利です。


つまり、さっきの例で言えば、

・二人で法廷相続分通り、3500万円ずつわけて、その上で、
・「お母さんは、死ぬまで、家賃などを払わずに、家に住み続けることができる」

ということが実現できます。
d( ̄◇ ̄)b グッ♪


ただ、これにはものすご~く大事なポイントがあります。
( ̄△ ̄;)エッ・・?

それは、この権利が認められるための条件として、次のどちらかに適合している必要があります。

A)お父さん(家の所有者)が、遺言で、母親が家に住み続けることを指定してある

B)法廷相続人における遺産分割協議、あるいは家庭裁判所による調停による合意


これ、どっちが簡単だと思います??

Bは、当事者であるお父さんがいない状態で、相続人(実際はその家族も)の間での話し合いになり、これはもめる可能性が高いです。


じゃ、Aですよね。
つまり、お父さんが元気なうちに、正式な遺言を作っておくわけです。
だって、これをしておけば、お母さんは安心してずっと住み続けられるんです。
(もちろん、相続発生時に、遺産分割協議で、この権利を放棄することもできます)


みなさんのご両親が健在なら、ぜひお父さんにこの話をしてあげて、専門家のアドバイスを得ながら遺言を作るように勧めてあげてください。

また、ご自身のご主人にも、「私を愛しているなら遺言を書いて」というのもよいかもしれません。


ちなみに、
男性の方が女性よりも平均寿命が7歳短いですから、夫が先に亡くなる前提で書いていますが、妻が先に亡くなって(夫婦で住んでいた)妻名義の不動産に夫が住み続けるときにも、同じです。
(配偶者=男女関係なく結婚相手)


今回は、読むのが大変でしたよね(^o^;)
ありがとうございました!

 


ではまた~(⌒0⌒)/~~

 

2019年3月 8日 (金)

第422号 「なぜ世界は存在しないのか」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami

 

 

こんにちは、天月珠美です(^^)


AI(人工知能)に関わる仕事をやっていると、いつの間にか「哲学」の領域にはいってしまいます。
というのは、AIは、突き詰めると「人間とは何ぞや、生命とは何ぞや」というところと関係してくるからです。

ま、そんなわけで、この歳になって遅ればせながら哲学の本を読み始めています。

実は、哲学って、苦手だったんですよね~
(今だって、苦手意識は残ったままですが・・・)

哲学ってのは、

「簡単なこと、当たり前のことを、むずかしーく考えること」

みたいなイメージがあって、ぶっちゃけ

「そんなこと、どーでもいいじゃん。あれこれ言ったって、朝になれば日は昇るし、生きてればお腹が空くんだよ」

って感じでした(^^;

僕と同じように、あまり哲学に興味のない人でも、もしかすると

「なぜ世界は存在しないのか」

という本や、それを書いたマルクス・ガブリエルという若干39歳の哲学者の名前は聞いたことがあるかもしれません。
(この歳でドイツのボン大学のなんと教授!)

この本は、哲学書としては異例のベストセラーで、NHKでも特集番組とかマルちゃんの密着番組を作っちゃったぐらいです。

僕も、最近その本を読み始めたところです。
(□。□-) フムフム


彼は昔からある「実在論」に対して「新実在論」を唱えているといわれています。
まぁ、難しいことは抜きにして、要するに、

「何をもって『存在する』と考えるか」

について、あーでもない、こーでもない、と言う話です。


で、なぜ「世界は存在しない」のか・・・?
まず、「世界」を「場」とか「エリア」と読み代えて考えましょう。

例えば、こういうことです。

仮に、あなたの日常的な行動範囲の全体(例えば家の中、近所、勤務先、スーパーなど)が、あなたの「エリア」(=世界)だとします。
そのエリアは、「日本」というエリアの中にあるから、エリアとして存在しているわけですよね。
じゃ、日本というエリアはというと、地球というエリアがあるから存在しているわけです。

地球というエリアは、太陽系・・・
太陽系は、銀河系・・・
銀河系は、宇宙空間・・・

と、どこまでも「エリア」は広がっていくわけです。


つまり、

「ある世界は、それを含むもっと大きな世界に存在していることで、存在していることが明らかになる」

という、まぁ、なんとも、哲学的な話(笑)


そうすると、「一番大きな世界ってなんなの?」ってなるわけですが、
それは、、、、、無い。
( ̄△ ̄;)エッ・・?

なぜなら、

「一番大きな世界、を含むもっと大きな世界がなければ、一番大きな世界は存在し得ない」

ということで、理論破綻するからです。
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

わかります~?
わかる必要はありませんよ~(笑)

そんなことわからなくたって、今夜は金曜日で、あちこちの飲み屋さんで酔っ払いがたくさん製造されるんです。


哲学的にまた面白い話が見つかったら、お話しますね~。

 


ではまたヾ( ̄◇ ̄)ノ))~

 

2019年3月 1日 (金)

第421号 「願いを叶えるために大切なのは・・・「いま」」

<今回の執筆者:優月 薫>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#yutuki_kaori

 

 

こんにちは 優月です。


大切なのはいつでしょう?
過去でしょうか?未来でしょうか?

未来に夢を持つことはとても希望にあふれ、モチベーションを高めるし、いいことです。
望みを叶えるためには、自分の経験を超えた自信をもつことが、最速で叶えるポイントです。

しかし、私たちは、「いま」にしか存在できません。
心は過去も未来も行き来できますが、肉体は「いま」に生きています。

こんな私たち・・・

「いま、この瞬間」自分が本当はどうしたいかを、新しく選択すれは、ゼロから新しい世界が広がり始めます(笑)

どうしても人は、過去と「いま」をひもづけて考えてしまいたくなる時もあるものです。
これは長い間人間が選んできた思考の癖。

だから「考え方」を変えようと思ってもうまくいかないのですね~(笑)


では、どうやってうまくいくようにするか・・・は、自分のエネルギーを高めるといいということになります。
「考え方」や「性格」よりも、強い影響力があるのが「エネルギー」だからです。

エネルギーの強さは、誰もが自分で変えていくことができます。
例えば
願いを叶えることは変化することですが、そんな変化するときは、必ず不安や心配、怖れも一緒にでてきます。
私たちはそれを感じたくないと思っても、変化しない方や安全な方を選んでしまうという、ホメオスタシスが働くようにできています。
この怖れは、エネルギーを停滞させてしまいます。

そんな怖れには

「そうか~自分は怖いんだな」
「不安なんだな」

と、ただ気づくことで対応していきます。
そうすると、闇だった部分に光があたるように、またエネルギーが動き出していきます。

怖れが大きければ大きいほど、エネルギーは大きく変ります。
そうなったら、流れを止めず、新しい世界へ飛び込んでいけば、必ず道がひらけ必ずうまくいきます!!


要は、-願いを叶えたいとき

「願いは叶う」という意図と、
「願いは叶わない」という思い込み

のどちらか強いほうが現実に繁栄されるということ。

「いま」この瞬間に思うことが、現実に繁栄されていくのだから、
「願いは叶う」というエネルギーをだしていきましょう!!

そうすれば叶うのです!!

 

2019年2月22日 (金)

第420号 「「バレンタインジャンボ」の当選金を恋人や旦那さんにあげるとしたら」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami

 

 

こんにちは、天月珠美です(^^)


バレンタインはもう終わってしまいましたが、「バレンタインジャンボ」は、今日、2月22日(金)まで発売しています。
w( ̄o ̄)w オオー!


1等賞が2億円、前後賞が5000万円、2等が500万円です。
宝くじの当選金は「無税」ですが(つまり当選金額がまるまる手元に残ります)、
今回は

「バレンタインだから、当選金をプレゼントとして恋人や旦那さんにあげよう!」

という殊勝な方のための情報です(笑)。


「誰かにお金をあげる」というのは、「贈与」ということで年間110万円以上の分について、贈与税という税金がかかります。
バレンタインジャンボの当選金をあげるときも、当然かかります。

贈与税の計算は、割と簡単なのですが、とはいっても慣れないとわかりにくいものです。

贈与税の計算は大きく

「自分の子供か孫にあげる場合」と「それ以外の人にあげる場合」

の2種類があります。
「子供か孫にあげる場合」のほうが若干税金が低くなります。

恋人や旦那さんは「それ以外の人」ですから、普通の計算(一般贈与)で行います。
(夫婦間であっても、通常の生活費とはみなされないぐらいの高額の場合は「贈与」とみなされるんですよ~)

さて、じゃぁ、どれぐらい税金がかかるのか、って話です。
仮に、1等2億円が当たって、その半分の1億円を1回であげるとします。
そうすると、税額は5000万円チョイ、正確には50,395,000円です。
半分以上、相手ではなく国に持って行かれます。
(゜ロ゜;)エェッ!?


ところが、毎年1000万円を10回に分けると・・・

1回当たりの税額=231万円 × 10回(10年)=2310万円

で済みます。半分以下ですね。


ただ、毎年同じ額(例えば1000万円)をあげると、税務署から

「1億円を分割しただけでしょ。だったら1億円分払ってね」

と言われて、税金5000万円が、1億円をあげ終わった後に請求されます。
(実際には差額の約2700万円+利子税)

ですから、毎年同じ額ではなく、ちょっとずつ変えます。
(言い訳として、「うちの旦那が家事を頑張った分に応じてお小遣いをあげてる」という感じで)

細かく言うと、710万円~1110万円の間が同じ税率なので、そのあたりの金額にするわけです。

例えば、こんな具合です。

1年目:960万円
2年目:1100万円
3年目:950万円
   ・
   ・
   ・

ちなみに、毎年110万円以下なら贈与税はかかりません。
でも、91年かかりますけどね(^。^;)


「だったら、税率を下げるために、旦那を子供にしてしまえ~」

と、無茶なことを考える方もいるかもしれませんが、やれないことはありません。
(あまり意味があるとは思えないし、資産保全が難しいし、あとから税務署から突っ込まれる可能性も高いですが)
大前提としては、ご主人が「年下」である必要があります。

1.まず、離婚する。
2.元旦那を養子にする
3.贈与する
4.贈与が終わったら、養子縁組を解消する
5.元旦那(元養子)と再婚する
(再婚しないと、相続の時に様々な特例が受けられず、相続税で損をするので)


ちなみに、
配偶者が当てた宝くじの当選金は、その人の「特定財産」です。
つまり、夫婦の「共有財産」ではないので、離婚の際の「財産分与」の対象とはなりません。
(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…

わかりやすく、極端な例として

・夫婦の共有財産(例えば預金、家、車)が500万円
・奥さんが宝くじで当てた2億円(特定財産)

があった場合、離婚する際は、奥さんは共有財産である500万円の半分の250万円を旦那さんに渡せばOK、ということです。


ということで、今回はあまり役に立たない妄想のお話でした(笑)


参考までに、「相手の手元に手取として○○円残るようにするには、いくらあげるとよいか」という表をつけておきます。


ではまた~(* ̄▽ ̄)ノ~~

 


-----------------
「贈与額」:相手にあげた金額
「手取」:相手が贈与税を支払った後に手元に残る金額
「手取率:手取÷贈与額


■「子か孫以外」に贈与した場合(単位:万円)
贈与額 手取 手取率
210 200 95.2%
330 307 93.0%
450 407 90.4%
580 504 86.9%
1,000 769 76.9%
1,500 1,050 70.0%
2,400 1,505 62.7%
3,600 2,081 57.8%
5,700 3,026 53.1%
7,900 4,016 50.8%
10,100 5,006 49.6%


■「子か孫」に贈与した場合(単位:万円)
贈与額 手取 手取率
210 200 95.2%
330 307 93.0%
570 508 89.1%
1,000 823 82.3%
1,300 1,014 78.0%
3,100 2,020 65.1%
4,610 2,775 60.2%
5,200 3,041 58.5%
7,400 4,031 54.5%
9,600 5,021 52.3%

 

2019年2月15日 (金)

第419号 「恒例の寄稿」

<今回の執筆者:天月珠美>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#amatuki_tamami

 

 

こんにちは、天月珠美です(^^)


寒い日が続いていますね~、お元気にお過ごしでしょうか。
僕は元気は元気なのですが、なにせ寒いのが苦手なので、かなり機能が落ちています。
人類も冬眠すれば地球にやさしいのにな~

さて、
そんなこんなの2月ですが、今年も某大手保険会社の契約者向け情報提供サービス用の原稿を書いています。

今年は次の9本です。

『使いやすい業務マニュアルの作り方』
『副業・兼業規定と労務リスク管理』
『専門家に頼まなくてもできる「覆面調査入門」』
『ナイスな社外研修講師の選び方』
『スムースに顧問税理士を変える方法』
『こうすれば若手が飲み会に来る』
『マネージャ必見、ハラスメントの起こりにくい組織作りのコツ』
『お金をかけずに専門家を使って事業承継の準備をする方法』
『有給義務化! 中小企業はどうやって5日休ませる?』

どんなテーマを書くかは、年末に提案して、そこから先方がいくつかピックアップするのですが、提案をするときには

「今年、新しく得たノウハウや知識は何かな~」

という目線で考えます。

ですので、自分の成長を確認できるのがこの寄稿です。
(もちろん、今までの経験から打ち出すテーマもありますが)


逆に言うと、

「毎年新しいことを書けるように、いろいろチャレンジしていく」

といういい意味でのプレッシャーでもあります。

ちなみに、この寄稿はたぶん15年ぐらいはやってるとおもうのですが、合計で100本近い原稿を書いています。

締切は今月末です。
さ、頑張って書くぞ~
φ(◎。◎‐)セッセセッセ

 


ではまた(* ̄▽ ̄)ノ~~♪

 

2019年2月 8日 (金)

第418号 「本当の自分」

<今回の執筆者:優月 薫>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#yutuki_kaori

 

 

こんにちは 優月です。


「本当の自分になろう・・・」
というフレーズ、いろんな本で見かけますが・・・
「本当」って何が「ほんとう」なのでしょう?


私には、いったい何が「自分」なのか、この歳になっても答えはありません(笑)
これぞ私だ・・・なんて思うことはあります。
でも他にもいろいろと「私」があります。

例えば、「私はイライラしやすいたちだ」と思っていて、「これが私だ」と思ったら、それは違いますよね。
些細なことにも苛立つ人になっているだけであって、それがほんとうの私ではないはずです。
感情が習慣化されているから「イライラ」になるわけですから。

人は自分自身を単一の統一されたものととらえて、内省することによって、そのような自己を見出そうとしてしまいます。
でもそれって、違う方向や正反対の方向に引っ張られている存在になっているだけのことがあります。

「イライラする」などは、その未熟だと思う感情的な反応に引きずられているだけであったりします。
そんな自分は、ゆっくり時間をかけて感情的な反応を建設的なふるまい方に変えて、それを自分のものにしていくと、それが「ほんとうの自分」になっていきます。

無意識の自分を、意識的に変えていくことが「自分」を創っていけるのだということになります。

ブランディングという言葉がありますが、
「本当の自分」
を自分でブランディングしていくのです(笑)

私は「〇〇だ」という狭義に限定した自己に閉じこもるのではなく、自分を手放せば
「本当の自分」
という考え方がワクワクしてとらえられるはずです。
どんな自分にもなれるのですから!

意識的に感情の反応を変え、完成させたとき、人間性の大きな可能性を発揮できるのだと私は信じています。
それは、自分の可能性の枠をつくらないということにもつながります。
人としての成長を限定してしまわないことです。
変化し続けている複雑な世界と変容し続ける自分がいるのです(笑)

心をひらいていけば、(自分を創っている様々な要素を考慮しながら)今の自分に閉じ込められない
「本当の自分」
というものを創造していくことができるはずです。

 


どんな自分になっていきましょうかね~(笑)
自分の可能性が無限大です!

 

2019年2月 1日 (金)

第417号 「姿勢と心」

<今回の執筆者:優月 薫>
  プロフィール:
    http://www.stageup.co.jp/lps/mail_magazine.html#yutuki_kaori

 

 

こんにちは 優月です。

 

「姿勢いいね」って言われることがよくあります。
でも、この私の姿勢、中学生まで、猫背で母によく背中を
たたかれていました(笑)
今でも肩が前にきているので、猫背ではあるのですが、
見え方は、「姿勢がいい」ようです。

姿勢を美しくしようと思ったのは、中学1年の夏でした。
姿勢の矯正ベルトを購入して、夏休みを過したのを
思い出します。

強制ベルトは気休め程度の役割でしたが、
姿勢に対する意識はできて、夏休みが終わることには
無意識で姿勢がいい状態を保てるようになっていました。

それから姿勢がいいと先生からも言われるようになり、
「やったー」と内心思って今に至っています。

実は、この姿勢矯正をしてから感じたことが、
とても重要でした。

悪い姿勢というのは、心に影響を
与えるということに気づいたからです。


身体を制御する神経は、
大きく分けて脊髄神経と脳神経に
分けられます。

脊髄神経は左右31本。全部で62本が全身を
コントロールしています。脊髄神経は脊髄から
全身にくまなく広がり、運動、知覚、自律神経
を制御しています。

運動神経というのは私たちの動作をコントロールする神経です。
知覚神経というのは感覚(触覚、視覚、味覚、聴覚、臭覚)
をコントロールする神経。
自律神経は内臓機能やホルモン分泌をコントロールする神経です。


これらの神経がバランスよく働くことで、健康なからだを
私たちは手に入れます。

姿勢が乱れると脊髄からつながるこの
脊髄神経の流れがわるくなり、様々な影響を与えます。

ある場所の神経は過剰に反応し、他の場所の神経は
鈍化したり・・・。
人の身体はすべてバランスで成り立っているので、
ひとつが強くなれば、どこかが弱くなります。
ひとつが緊張すれば、どこかが弛緩するわけです。

脊髄が均等にバランスが取れていることは、神経系の
働きを円滑にするために大切なこと。

からだの機能を知ると、心を調えるためにも
姿勢が重要だと気づくはずです。

背中を丸めるということは肩が前に出て、
顔が前に出るような姿勢になります。
そんな姿勢は呼吸を浅くし、自律神経が乱れやすくなります。
そして首の後ろ、みぞおちの前の緊張が強くなり、
からだの緊張がとれずに、イライラが募りやすくなるのです。

つまり心を乱すのですね~

中学生の私が「からだと心」で感じたことは、
姿勢を意識的に整えたら集中しやすくなったということでした。
そして疲れにくくなっていきました。

心が重たくなる時、ほとんど前かがみになっていたりします。

そんなことに気づいたら、まずは背筋を伸ばし
姿勢を整えて、リラックスをしていくと、
おのずと心の浄化ができていきます。

心は姿勢に左右されやすい(強い緊張も心を乱します)
ということを知っていれば、自分の心のコントロール
の第一歩はクリアできるはずです。

リラックスした美しい姿勢がおすすめです!!

 

«第416号 「有休義務化雑考」